こんばんは。

海の日に福岡県朝倉市に行ってきました。

7/16の夕方の便で福岡に行き、
元バサジィ大分チームメイトの安松くんと合流して、

7/17の朝から朝倉市に行き、
ボランティアに参加してきました。


朝倉市朝倉球場がボランティアの受付場所だったため、
そこに向かいました。

もっと福岡県の中心から離れている場所だと思っていた朝倉市は福岡空港から車で1時間ほどのところでした。



そして朝倉インターで高速を降りて、
思ったのは普通の生活をしている人たちも多いということ。


ボランティア受付までの段階では、
ここが被災地とは気づけないほど。


現地で今回、声をかけていただいた元ビーチサッカー日本代表で「amorPraia」の代表の坂口健人さんと合流しました。

流れとしてはまず受付をします。
そこでボランティア保険に入っていない人はその場で加入します。
そしてオリエンテーションを受けた後、

マッチングというものをします。

マッチングとは、
簡単に言えば、
被災者の依頼にボランティア参加者を振り分ける作業。

現地の人が、
依頼者の説明をして、
例えば、○○さん宅、場所は○○。作業は泥のかき出し。車を出せる方、乗り合わせできる方で15名。

そしてその場で手を上げて15名でチームを組んでリーダーを決めて、被災者の方のところへ向かいます。

基本的にそのチームで1日のボランティア活動をします。

最初に

ボランティア受付までの段階では、
ここが被災地とは気づけないほど。

と言いましたが、
ほんと100㍍、200㍍歩いたら、
全く違う景色があって、
大変な被害を受けているのです。

今回でいえば、
豪雨による川の氾濫。
川の周りの住宅は生活していくなんて不可能なほどに泥まみれになっていて、
家は崩れています。




震災とは少し違う被害の受け方です。

ボランティア活動が入れない自衛隊が活動している地域はもっと被害が甚大だと思いますが、

今回、そこは自分の目で確認することはできませんでした。

ボランティア活動は、
基本的に、家の中の泥のかき出しと家具の搬出。

スコップや、荷台を使ってひたすら作業をします。

1時間に1回水分をとる休憩を取りながら作業を進めていき、
昼は近くの公民館でお弁当や軽食も食べることができました。




昼休憩ではみんなでボールを蹴りました。
同じチームの人達がフットサルたまにするみたいで、一緒にボールを蹴りました。

このチームでフットサル大会いったら優勝できるねなんて笑いながらボールを蹴る。

いい出会いです。

ボランティア活動後、
自衛隊の方々が無料で提供してる温泉「うみねこの湯」に入りました。

汗だく、泥だらけの作業後に温泉に入れるこの環境は素晴らしいと思いました。
本当に感謝です。


健人くんの謎のうみねこポーズは僕達の中ではあんまり流行らなかったみたいです。

そしてボランティア受付の場所に戻ると、
冷たいタオルを配っていたり、飲み物、かき氷など様々な物を配っていました。

なにより配っている人たちがみんなとっても笑顔でハキハキした声で配っていて、活動の疲れも飛びました😊

今回、この活動を通して、
色々な発見があり、学ぶことだらけでした。

僕達のチームが作業をしたお宅の方は、
命があったからいいんだ。って笑顔で言ってました。

僕達ボランティアの体調の心配などもしてくれました。
人と人のつながり、人と人の支え合いを感じました。
自分にもなにか力になれないかと参加したボランティアなのに、
自分にとってほんとに良い経験になりました。


そして
みなさんにも今一度考えてみてほしいです。
想像してみてほしいです。

食べる、寝る、笑う、
この当たり前のことが明日からも続いていくかどうかは僕達にはわからない。

突然なんです。
だから日々悔いのないよう何かを感じながら生きていきたい。

そんなことを考えさせられたボランティア活動でした。



今回の豪雨被害で亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

また被災された皆様、そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げますと共に、
今現在、不安な生活を余儀なくされている方々が一日も早く安心した生活が送れますよう、
心よりお祈り申し上げます。