2010-09-16 18:33:51

名古屋音楽大学スタジオ 「室内音響調整」

テーマ:音楽
 先週、名古屋音楽大学に新設されたレコーディングスタジオに詰めていました。このスタジオは私が2年前程前より大学とアドヴァイザリー契約を結んで、設計とプランニングに携わってきました(その流れで今では講師もするハメになってしまいましたが…)。いよいよ最終行程に近い、ルームアコースティックチューニングを行いました。
 オーディオ エンジニアでない方は「ルーム アコースティック チューニング とは何だ?」という感じかもしれません。日本語でいうと、「室内音響調整」とでもいいましょうか。もっと簡単に言うと、「電気に頼らずに美しい響きの部屋にする」ということです。

岩﨑 将史(Masafumi Iwasaki)のブログ-名音大スタジオ CR 名古屋音楽大学レコーディングスタジオ 調整室正面

 ノウハウの無い人がスタジオやオーディオルームを作って困るのが、この「室内音響調整」です。低音がぐるぐる回ったり、左右で音がそろわなかったり、聴く場所で聴こえかたが大きく変わったり、響きすぎたり、音を吸い過ぎていたり…。これらを解消するのが「ルーム アコースティック チューニング」です。
 ライブハウスなどでPAを依頼した事のあるひとは「スピーカー チューニング」という言葉は聞いた事があるかもしれません。多くの場合、EQという機械を使って、機械的にスピーカーの鳴り方を変えて調整します。
 録音の場合、このようにEQで補正を行うと、メリットよりも害悪の方が増えますので、そのような調整はしません。

 「では、どのようにやるのか?」それは個々の状況で違いますので、一概には言えません。が、部屋の形状設計と音場を踏まえ、スピーカーの設置方法、内装の材質や形状に工夫を加えて調整していきます。電気機器は一切使わない調整。そこが「アコースティック チューニング」といわれるゆえんです。

岩﨑 将史(Masafumi Iwasaki)のブログ-CR 調整中 調整中。内装壁に様々な仕掛けを施す

 今回の場合、コントロールルームの基本設計自体が、低域のディフューズ機能に少し余裕を持たせていました。そのため調整としては、適切な吸音と反射をさせながら、定位間、奥行き感を明瞭にすることが目的になりました。

 無事に作業も終わり、音の生まれ変わった調整室。通常、大学の施設等でルームアコースティックに予算に投下していただけることは多くはないと思います。(本来は最も大切な部分で、できるだけ若いうちに正確な音を体で覚えるとうには非常に重要だと考えています)。関係者の皆様には深く感謝いたします。
 と同時に、今回は調整室のチューニングのみで予算いっぱいでしたので、スタジオ側は手をつけられませんでした。スタジオ側に関しては、それ以前の建築設計初期の段階で問題が多く、フラッターだけでなく、位相も悪い部屋になっています。僕らは図面も見ればおおよその音場が想像できますが、普通のオフィスビル等を手がけている建築設計会社では、そこまでは無理というもの。致し方ないところです。
 学校や公共施設のスタジオでは、同様に放置されている例を良く見ます。
 もちろん、これらも「ルーム アコースティック チューニング」で概ね解決します。学内でのスタジオ利用が盛りあがって頂き、いつか次のステップ進められればと思います。

岩﨑 将史(Masafumi Iwasaki)のブログ-モニターポジション モニターの位置もミリ単位で調整

************************************************
 音の良い部屋を作るというのは実に楽しい物です。僕は、他の「スタジオ」や個人の「オーディオルーム」の設計や調整の相談もあります。
 あと、フルハウスにスタジオの予約をもらって、東京からわざわざCDを鑑賞しにくるマニアの方もいらっしゃいます(笑)
************************************************

そして…

 大学では9月18日にオープンキャンバスというのを行います。そこで、スタジオお披露目イヴェント的な事をします。誰でも参加できる、と思います、多分…。(詳しくは大学のWEBでご確認を)

 楽器演奏系コース志望の方は、楽器をもって、簡単なスタンダードをセッションをして遊びましょう。もちろん初心者の方も誰でも参加できるように即席レッスン付きです。
 音響系コース(音楽ビジネスコース)志望の参加者は僕と一緒に、そのセッションをレコーディングして、CD-Rにしてみます。演奏は無理だけど音響やスタジオ業務に興味のあるかたは、こちらで参加してください。
 在学生や卒業生も飛び入りで遊びにくると思います。皆で楽しい時間をすごしたいと思います。興味のある方は、覗いてみてください↓。

名古屋音楽大学 オープンキャンバスの案内 公式サイト
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

岩崎将史(Masafumi Iwasaki)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:実樹です^^

>みきさん
を~、よろしくです~^^

1 ■実樹です^^

お疲れさまです☆
私もアメブロをやっていて、実はちょこちょこ拝見していました^^

私には少し難しいですが、すごい!という事は分かります(笑)

いつも多忙なので、体には気を付けてくださいね!

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。