こんにちは。30代ママのお金の家庭教師こと、FPの海老原です。

プロフィールはこちら♪

 

お客様の声  / 相談ガイダンス  / メニュー  / 家計術(メルマガ)  / お問合せ

 

誕生月に届くのは、誕生プレゼントだけではありません。

そう、『ねんきん定期便』もありますよね^^

 

昨日お話していて・・・

国民年金(基礎年金)と厚生年金(共済年金も一本化されました)の違い。

さらに一部企業で整備されている企業年金などについて。

公的年金制度についての認知がまだ足りていないなーと感じることがありました。

 

その方宛に、たまたま<基金からのお知らせ>が届いたことからそうした話に。

企業年金と公的年金は別系統で管理されているため、当然、『ねんきん定期便』に企業年金の内容は反映されません。住所変更手続きをしていないと後々面倒なことになりかねません。

また、ご自身が「いつから」「どのような種別」の年金が受給されるかご存知でなく、単純に65歳からと思い込んでいるケースもあります。

 

→アラフィフ女性で厚生年金加入歴がある場合、生年月日によっては65歳より前に報酬比例部分がもらえるかもしれません。
 

久しぶりに日本年金機構のコンテンツからご紹介!

読みやすそうな次の2つをご紹介しておきます。


▽日本の公的年金は「2階建て」(マンガで読む いっしょに検証!公的年金より第4話)

▽ねんきん情報アプリ、あります

 

気になったら、受け身ではなく主体的に調べてみましょう。

わからなかったらご近所のFPさんなどに聞いてみてくださいね^^

 

すでに用意されたもの(公助・扶助)に足りないところを“自助努力”で補う。

【 公助>扶助>自助 】この順番です。

 

個人年金保険など検討する前に、かならず国や勤め先の制度を調べ直しましょう!

ご自身が利用できる社会保障制度や職場の制度はいろいろあります。

 

 

本相談室アクセスやメニューはホームページをご覧ください

***

●こんな想いで家計相談をしています【女性FPとして想うこと】

●FPって?家計相談でどんな話ができるの?と思ったら【無料ガイダンス】
●たくさんのお声をいただき、ありがとうございます【お客様の声】