思い立っての弾丸日帰りでしたが、香取神宮(奥宮)にようやくお参りできました!

良い気を浴びて、8月後半を元気に乗り切りたいと思います♪
 
※この写真はご神木です。
奥宮に近づくにつれ、あまりの気に写真が撮れませんでした (;^_^A
 
お客様の声 / メディア掲載 / ワンコインレシート診断受付中 / お問合せ

 

7月の終わりに、毎年恒例の平均寿命データが公表されました。

平成29年簡易生命表によると、

男性の平均寿命=81.09歳

女性の  〃  =87.26歳

と男女ともに昨年より平均寿命は延びています。

 

今さらの解説ですが、平均寿命とは<0歳時の平均余命>のこと。

公表データには節目年齢での平均余命もあります。

 

これを見ると、

「私は今○歳。平均余命を見ると、大体あと△年くらい生きるんだな~」

こんな想定が可能になります。

 

同表による30,40歳時の平均余命も抜き書きしておきますね。

 

30歳の平均余命(「表1 主な年齢の平均余命」より)】

男性の平均寿命=51.73歳←30歳からあと51.73年平均して生きるという意(以下同様)

女性の  〃  =57.70歳

40歳の平均余命(同上)】

男性の平均寿命=42.05歳

女性の  〃  =47.90歳

今でこそ、平均寿命の長さは男女ともに香港に抜かされています。

それにしても日本人の長寿は世界に名だたるもの。

 

家計相談でもよくお伝えするのですが、「女性の約2人に1人は90歳まで生きる」。

もはや人生90年計画でも足りない時代に突入しています!

 

少し前のご相談になりますが、早期退職のご要望がありました。

老後の生活資金の柱は「公的年金」です。

「私的年金」や「貯蓄」は今後ますます重要ですが、ベースは「老齢厚生年金+老齢国民年金」!

これは今後も変わることはないでしょう。

 

退職時期の検討や働き方を変える前に、退職金や年金受給見込み額はせめて確認しておきたいもの。寿命の長さを考慮に入れると、配偶者が遺族年金で暮らせるか…夫亡き後の妻の生活まで配慮いただけるといいですよね。

 


お金は楽しく暮らすための「手段」。

お金で<幸せ>は買えません。

ですが、回避できる<不幸せ>はたくさんあります。
 

※参考記事※

キャッシュフロー表は「家計の未来予想図」、ライフイベント表は「夢の未来年表」

 

(おまけ)

奥宮ではなぜか仕事のお願い事を「とっさに」してしまったのですが・・・武神の荒魂が祭られていたんですね(驚)

本相談室アクセスやメニューはホームページをご覧ください

 

★無料7日間メール講座★

ポストご質問・お問合せはこちら

本HP・ご相談メニューはこちら

メモお客様の声はこちら