こんにちは。30代ママのお金の家庭教師こと、FPの海老原です。

プロフィールはこちら♪

 

お客様の声 / 相談ガイダンス / メニュー / 家計術(メルマガ) / お問合せ

 

先日、シングルマザー向けのコラムを書きながら思ったこと。それは…

 

「子が独立して家を出て、もし母一人になったらどんな家に住みたいかな?」

ということでした。

 

あ、別に離婚とか考えてないですよ~(笑)

私、記事を書くときにイメージするのが好きなんです。

 

「自分が○○だったら……」

「自分のお客様が、もしも△△△になっちゃったら……」こんな風に、ね^^

 

家計相談や自分自身の場合を振りかえって思うのですが、

 

家を購入する動機・タイミング

=「のびのびと子育てするため」「入学時までに」…

 

という人が少なくないと思います。

 

でも、(当然ですが)お子さんはいずれ巣立っていきますよね?

そうして近づく、セカンドライフ。

 

あらためて、「自分の暮らしを今後どうしたいか?」考えるのではないでしょうか。

 

とくに母子世帯では、母ひとり子ひとりでの暮らしから、子が巣立って母ひとりきり・・・になるケースが多い。

 

お子さんの結婚後も同居…

 

結婚した相手のことを考え、「そうしたくはない」と考えるお母さんは少なくないはずです。

 

今現在は、子育てと生計を立てるのに必死で意識に上らないことでしょう。

しかし、いずれ必ず自分だけの暮らしをデザインする時期がやってきます。

 

賃貸は住み替えればいいですが、持ち家はそういうわけにもいきません。

 

住宅を購入する際、家族構成が変わるときに選択肢が狭まらないような計画が大事!

 

住宅ローンアドバイザーの名に恥じぬよう、こうしたことも踏まえて家計相談ができるといいな~と思っています。

 

* * *

つい先延ばししがちな家計のこと。
家計改善が「あすなろ状態」のあなた!
今こそ家計の見直しを“一緒に”考えてみませんか。

 


ラブレター購読無料:稼ぎ力・やりくり力・貯蓄力がつくラクラク家計術
ラブレターメルマガ登録はこちら

ラブレターサンプルはこちら

● こんな想いで家計相談をしています【女性FPとして想うこと】

● FPって?家計相談でどんな話ができるの?と思ったら…【無料ガイダンス】

● たくさんのお声をいただき、ありがとうございます【お客様の声】

本 相談室アクセスやメニューはホームページをご覧ください

 

★無料7日間メール講座★