外出やコラム執筆が重なり、結構バタバタです・・・。

もう木曜日、なんですね~(涙)

あー、15日だというのに、住宅ローン金利のチェックをまだし終えていない・・・><

 

お客様の声 / メディア掲載 / ラクラク家計術 / お問合せ

 

家計相談を受けていていつも思うことがあります。

それは「ライフスタイルって、いったん固定化するとなかなか変えられないなぁ~」ということ。

 

みなさんは、もしも世帯収入がダウンしたら、まず何を「やめよう」と思いますか?

 

この質問に対してすぐに、5個も6個もやめる項目を挙げられる人は、そもそも支出内容がややメタボ気味なのかもしれません(失礼っ!)。

 

しかし、実際には、「これは無理‼」、「あれも今は変えられないよね~」となかなか減らす項目を挙げられない人が多いのではないでしょうか?

 

だからこそ、私のような仕事が成り立つとも言えます(笑)

ただ、私が思うに<やめられない理由>、<減らせない言い訳>は自分が勝手に決め込んでいるだけ・・・そういうことがよくあります。

 

「なんとなくいつも買ってるけど、旦那がこれを食べるから…」

「最近ほとんど頼んでいない生協。配達料が毎週かかるけどまた買うかもしれないし~」

月に何回も通っていないけど、ジム、やっぱりやめられないよね^^!」

「本屋さんに行くと、つい文庫本を数冊買っちゃうんですー(読んでない本まだあるけど)」

選んで買っている、納得してお金を払っているつもりで、実は【思考停止状態】。
もしかすると、惰性でしているお買い物かもしれません。
週に何回かそうしたお買い物を止めれば、結構な金額になったりするかも…。

家計赤字を直すには、まず【固定費】から着手するのが王道ですが、その次は、こうした【雑費・日用品】のちょこちょこ買いに意識を向けてみてください。

 

 

 

閑話休題。

もうすぐボーナスシーズンです。

 

世の中には、「買わない理由が見当たらない」と思わせるように、その道のプロが腕によりをかけてプロモーションしています。

 

キャッチ―な言葉に踊らされずに、一度立ち止まり、「本当に、心から、今、私はこれがほしいんだ―」と大声で叫べるぐらいの商品(サービス)にだけ、”喜んで”お金を払ってくださいね。

 

生命保険や住宅ローンなど、長期にわたる固定支出にはなおさらご注意を!

 

***

家計にもセカンドオピニオンは必要です。

6月の無料ガイダンスはまだ空きがあります(残2席)。お気軽にお申し込みくださいね^^

 

(と書いておきながら、今月はプライベート支出が増える見込みの私。でも、お金はエネルギーとばかりに、気前よく、「ありがとう」と手放していきます♪)

AD