アツイ・・・ (ヾ; ̄▽ ̄)ヾ

ぶり返しの暑さ・・・堪りません!体がついていきません!!

 

でも洗濯物はよく乾きそうです(笑)

 

お客様の声 / 相談ガイダンス / メニュー / 家計術(メルマガ) / お問合せ / アクセス

 

こんにちは。30代ママのお金の家庭教師こと、FPの海老原です。

プロフィールはこちら♪

 

堪りません、ならぬ、「貯まりません!」なお家にありがちなこと。

あなたは、よくこんな行動をとっていませんか?

1) お金を引き出すタイミング・金額がバラバラである

 

2) 月途中でお金が足りなくなり、積立用の口座からお金を引き出したことがある

 

3) 積立に手を付けたことはないが、結局ボーナスで家計赤字を補てんしている

 

FPである私も、実は1)をしがちなので、今日は自戒の意味を込めて書いています・・・反省!

 

おおざっぱな性格の私。
くらしのお金の流れも「口座残高一覧表」で大枠を確認してアドバイスすることが多いです。←家計簿なし&月イチ記帳ですむので楽ちんですよ~

 

そんな私が「口座残高一覧表」から家計収支を読み取りにくいな~と感じるのは

 

  • 口座の意味付けとお金の流れが一致していない
  • 行き当たりばったりな出金・入金がされている

そんなケースです。

 

たとえば、

夫口座に不定期で妻のプライベート口座から入金されている

(給与だけではその月の生活費が足りなくなって妻の口座から補てんした、という意味合いだと思うのですが)。

 

ボーナス月ではないのにお金が増えている

(大型家電購入のため、財形貯蓄を一部解約していた)。

 

こうした臨時のお金の出入りが毎月のようにあると、何が困るのか…。

 

<預金残高の動き>と<家計支出の動き>が連動しないため

貯められていない、思った以上に貯蓄が減っている!

ことに気がつきにくくなってしまうこと。

 

元来お金に“色”はありませんが、「教育費」「住宅購入費」など名付けることで、お金の使い方を整えられます。

臨時支出や慶弔費などに使う用途であらかじめ【予備費】を設けておきませんか?

 

あちらこちらの口座からお金を出すのではなく、いつも【予備費】から出す!

 

くらしのお金と想定外の出費を分ける。

そう心がけただけで、毎月の生活費の増減がつかみやすくなります。

 

予備費の良さ。

それは・・・たとえ予備費を使い切っても、最初によけておいたお金(貯蓄)はきちんとキープできている安心感♪

 

夏に疲れた家計の仕切り直しに・・・

よかったら9月からぜひお試しくださいね。

 

本アクセスや相談メニューはホームページをご覧ください

 

***

DINKS家計はキャリアとお金の“貯めどき”!
「1馬力家計」や「夫婦の役割分担」について。早めにイメージしておきましょう。

★無料7日間メール講座★