こんにちは。30代ママのお金の家庭教師こと、FPの海老原です。

プロフィールはこちら♪

 

お客様の声  / 相談ガイダンス  / メニュー  / 家計術(メルマガ)  / お問合せ

 

「家計支出を抑えて、貯蓄できるようになりたい~!」

そう思う人はたくさんいらっしゃると思います。

 

でも、「気持ちだけで、やる気になれない!?」「動けない…」。

 

誰にだってそんな時はあります。

ガッカリしないで、その原因や気持ちとじっくり付き合ってくださいね。

 

「なかなか行動できない(しない)」理由には2通りあります。

  • 「やり方」自体を知らない
  • 「やるべきこと」は知っているが、「やる気にならない(苦手・面倒)」

言うまでもなく、前者より後者のほうが厄介な状態ですよね。

そんなときは、こんなことを試してみてください。

■行動ハードルを下げる

株式投資など新たなことをはじめるときも動けないことがままあります。そんなときは、スモールステップといって、小さな・簡単な行動からはじめると楽に体が動きます。たとえば、証券口座を開設するで「1ステップ終了!」とかね♪

 

家計簿づけなど挫折した経験が邪魔してトライできないという人も、「財布を毎晩開いて、整理整とんする」これくらいならいかがでしょう?

 

定期預金をしても取り崩すことが多いのであれば、金額がそもそも大きすぎるのかもしれません。「これならできる!」と思える金額で、まずはじめてみましょう。

 

 

小銭貯金や500円玉貯金も、そういった意味では侮れません。

「貯められた!」「貯まっていくのがだんだん楽しくなった♪」

こうした達成感を早く実感することができれば、続けることができて次のひと工夫につなげられると思いますよ。

■口にする・使いやすい手段ではじめる

スロースターター、石橋をたたいて「渡らない」!

そんな人は、

  • 貯蓄をはじめざるを得ないように、まず宣言する、口に出す
  • 給与天引きではじめる(財形貯蓄など)

周りの人の力を借りたり、あなたが使いやすい仕組みを取り入れることを考えてみましょう!

はじめるのが苦手なだけで、継続は得意な人は結構いらっしゃいます。

 

***

自転車のように、こぎ始めは力が要ります。

「何で貯めたらいいのかわからない ><」

「わかってるけど、自分ひとりではなかなか難しいな~」

と感じたら、後ろで支えて押す人・補助輪として、私を使っていただければと思います。

●こんな想いで家計相談をしています【女性FPとして想うこと】

●FP?どんなことを家計相談でどんな話ができるの?と思ったら…【無料ガイダンス】
●たくさんのお声をいただき、ありがとうございます【お客様の声】