こんにちは。30代ママのお金の家庭教師こと、海老原です。

初めての方はこちらにどうぞ♪

 

お客様の声  / 相談ガイダンス  / メニュー  / 家計術(メルマガ)  / お問合せ

 

自宅でサロンをスタートする人。

会社勤めのかたわら個人で仕事を始める、

<パラレル>キャリアな女性が増えてきました。

 

ただ、生活費のやりくりを分担するのも「妻」が多いため

 

・家計のお金と仕事のお金が「ごちゃごちゃ」、どんぶり勘定に…

・これは仕事の経費?それとも生活費? 支出の振り分け方で悩んでいます
そんな迷い人が少なからずいらっしゃるようです。


そこで、今日は、

●生活口座と仕事用口座を分ける意味、変えないデメリットはなにか

について、「基本のき」をまとめてみました。

 

結論から書くと・・

家計と仕事のお金をひとつの口座で管理するのは「百害あって一利なし」。

ビジネス規模にかかわらず、生活口座と仕事用口座は分けておきましょう!

 

ひとつの口座内でお金の流れが複数あるデメリットとは?

……


家計が赤字か黒字か?

仕事は順調か?(利益が十分に出ているか)

が判断しにくいこと!

 

家計収支の問題なのか仕事の仕方が問題なのか。
ここがはっきりしないと改善策が立てられず、また策を立てたとしても“的外れ”になりかねません。

 

できれば・・

交通系電子マネーの公私の使い分け

通販アカウントも公私で別に作って管理する

これらまで徹底してやっておくと後々仕訳しやすいと思います。

 

図にすると、こんな感じです↓


朝活などでお会いしたときは、気軽にお声かけくださいね。

 

あ、「先生」って呼ばないでください…照れます(〃▽〃)ポッ

 

* * *

●こんな想いで家計相談をしています【女性FPとして想うこと】

●FPって?家計相談でどんな話ができるの?と思ったら【無料ガイダンス】
●たくさんのお声をいただき、ありがとうございます【お客様の声】