明日は終日都内に出かける予定。
そのため、今日ちょっと頑張って家事しておかないと・・・

普段片づけができていないので、こういう時は大変です (;^_^A

 

お客様の声 / 相談ガイダンス / メニュー / 家計術(メルマガ) / お問合せ / アクセス

 

こんにちは。30代ママのお金の家庭教師こと、FPの海老原です。

プロフィールはこちら♪

 

さて、今日は久しぶりの節約ネタです。

と言っても、かしこい節約ワザといったことではなく、「節約に疲れたら、こんなことも試してみてね~」といったお話です。

 

何を隠そうこのブログの旧タイトルは

節約が苦手なだめだめ主婦ですが。。

でございます(笑)

 

FPにあるまじき名称でお分かりのとおり、私、節約が苦手なタイプです(爆)。

 

割引クーポンも財布のなかでくたびれ果てることが多く、最近では切り取ることすらほぼ「しません」

また、『○○の日』を狙って、まとめ買いも「しません」

冷蔵庫の中で忘れ去られ、もったいないことをしてしまう可能性…。

まぁ、それでもときどき失敗がありますが(苦笑)

 

こんな私でも、いくつか心がけていることがあります。

ずぼら主婦を自認する私が続いていること。

そうたいしたことではありません。でも、

  • 日々の節約につかれている人
  • 家計やりくりしているにもかかわらずお金が貯まらない人

こんな人のお役に立てるかもしれません。

 

無理しない、ラクに続く。

ゆるめの節約をコツコツと続けられれば、チリツモで効果も上がるはず!

いくつかご紹介しますので、よかったら試してみてくださいね♪

 

■食料・日用品のストックは最低限に!

 

オムツや洗剤など、家事や子育てで切れたら困るモノはいろいろあります。

でも結構思い込みで買いすぎているものもある!?

 

買い物場所までの距離や、出かけられる時間の多少にもよりますが、はたして何個もストックが必要でしょうか?

 

過剰なストックも一種の【浪費癖】です。

保管する場所も必要ですし、ストックの山から肝心の品が探せずにまた買ったりするかも…。

 

「2,3個予備がないと心配、困る・・・」
と思っている人こそ、ストックを1つだけにする(場合によってはストックを止める)ことにチャレンジしてみてはいかがでしょう。

 

「必要なときに、必要なものだけで暮らす」

シンプルですが、身の丈に合った家計管理の基本だと思います。

 

もともとストックが少ない我が家。

さらに、冷蔵庫の買い替え以後庫内がスッキリ保たれた結果、冷蔵庫の棚奥から2つ目のキムチが出てきた~なんてことがなくなりましたよ。トホホですが^^

 

■財布のヒモがゆるくなるアイテム・場所を知り、遠ざける

 

男性女性問わず、何かしら財布のヒモが知らずにゆるむウィークポイントがあります。

でも、そもそも財布のヒモがゆるんでいることに気づかないことで損を大きくしている可能性も。

 

財布のヒモがゆるくなるアイテム・場所を知っている、あなた!

 

ラッキーです、第一段階クリアです♪

それを目にする、そこを訪れる回数を減らすことで自然に支出を抑えられます。

 

たとえば私の場合、<本屋さん>がそれにあたります。

丸の内オアゾの丸善さんなんて、“鬼門”と言ってもいいくらい(笑)

 

お店に入る前に、「今日は●冊までだぞー!!」と呪文のように何度も心のなかで繰り返してから入る気の弱さ!!(笑)

買いすぎないよう切り上げる時間を自分と約束し、急ぎ足で回るぐらいでちょうどいいぐらいです。お恥ずかしながら…(^^;

 

人によってはモノではなく、おしゃれなカフェ巡りなど、コト消費かもしれません。

可愛いキッチンアイテムなど家事関連グッズの購入かもしれません。

 

誰にでも、「あれもほしい!これもそろえたい~」こうした弱い部分はありますが、知らず知らずエスカレートする傾向があることを知っておいてほしいと思います。

 

そこにお金を使いがちな自分というものを強く意識すること!

 

意識することで、

最近買いすぎなのではないか?

本当に必要なモノだろうか? と考えるきっかけに。

 

自分自身のことこそ、案外わからないもの。

ほかの人から指摘されるまで気づかないケースは多いです。

 

「衝動買いはしません!」そんな風に思っている人ほど要注意です。

「たまの買い物なんだから、これぐらい使ってもいいよね~」と金額が上振れしないとも限りません。

 

クレジットカードの利用明細などを使って、自分の買い物傾向をときどき確認することをおすすめします♪

買い物レシート診断もオススメ♪

 

***

つい先延ばししがちな家計改善。早く着手すればそれだけ得るものも大きいです。
家計改善の王道は、なんといっても大きな固定費から見直すこと!

今こそ家計の見直しを“一緒に”考えてみませんか?


ラブレター購読無料:稼ぎ力・やりくり力・貯蓄力がつくラクラク家計術
ラブレターメルマガ登録はこちら

ラブレターサンプルはこちら

本相談室アクセスやメニューはホームページをご覧ください