もう数日で10月も終わりです。今年もあと2か月となってしまいましたね。

 

「そろそろ年賀状の早割予約しなきゃ!」

なんてこの時期になるとご予約が増える気がしています。

 

お客様の声 / メディア掲載 / 相談メニュー / 家計術(メルマガ) / お問合せ

 

年の瀬が近づくと、「ボーナスまでがしんどい…この貯まらない家計をどうにかしたい!」「来年入園、そろそろ教育費が心配に…」など相談したくなる気持ちが膨らむのだろう。

私なりに、そんな推察をしています。

 

たとえば、こんなお悩みはありませんか?

「来年はいよいよ長男の大学入試。

でもマイカー買い替えで進学費用の一部を使ってしまって…間に合うのかな?(不安)」

「来年は○○ちゃんも中学生に。塾とか部活とか、今の家計で大丈夫かしら」

 

あるいは、久しぶりに通帳記帳してみたら・・・残高が増えてい・な・い!?

「あれ?、こんなに少なかったっけ?」

「そうだ!連休に出かけた家族旅行、アレ、一括払いにしたんだ…(あ然)」

「このままじゃ、ヤバい!!来年はどうする?」

「ていうか、月末の住宅ローンの支払い、どうする!!」

 

ここまで切迫した相談は正直ありません(盛ってました、スミマセン。)

 

しかし、我が家の家計の総決算をしなくちゃ!もっと貯められる家計になりたいという思いがアツく湧き上がってくるのではないでしょうか?

(あの、みなさんご予約はなるべくお早めにお願いしますね^^)

 

でも、今から家計簿をつけたり、毎月の家計収支を計算したり。慣れない支出集計は、レシートやクレジットカードの明細探すのだってひと苦労。まとめ方もよく分かりませんし、足しあげていったとしても、問題点がそもそも分からない……イヤになっちゃう人が少なくありません。

 

仕事や家事で忙しい中、家計簿を数か月分つけるのは大変ですから!


個人的にはせめて年末の締めとして、今年一年の「預金残高推移」は見ておいてほしいと思うものの、簡単にはできない、手が付けられないという気持ちもよく分かります!(なんてったって、節約が苦手な・・・ですから 苦笑)

 

自分の買い物傾向をおおざっぱに振り返るツールとしておすすめなのが、こちら↓

そう、付せんです。

 

家計支出額を集計しないまでも、自分の消費傾向や満足を得る買い物とは何かを知るだけならこれで十分。家計簿は要りません!

 

最近の買い物だけでもOK!

やってみると自分のお金の使い方に意識が向き、満足できる買い物をしたい気持ちへ変わります。数字ももちろん大切ですが、そうした“気づき”が実は家計改善には重要なのです。

 

付せんチェックの効用や具体的なやり方(一例ですが)は下の記事を参照してくださいね♪

 

▽年末年始を前に、早めにお金の使い方を見つめ直そう!

年末年始に向けて出費がかさみがち。多忙やボーナスを理由に、パパッと買い物する人も多いかもしれませんね。年末を前に、付せんを使った<買い物行動の振り返り>をしてみませんか? 続きを読む

 

本相談室アクセスやメニューはホームページをご覧ください