こんにちは。30代ママのお金の家庭教師こと、海老原です。

初めての方はこちらにどうぞ♪

 

お客様の声  / 相談ガイダンス  / メニュー  / 家計術(メルマガ)  / お問合せ


 

いきなりのクイズでゴメンナサイ。


現在息子は高1生ですが、彼が小学生のころの団らんのひとコマから。


息子は、会話がちょっと理系と言いますか、


結論を言う

 ↓

どうしてだと思う?(問いかけ)

 ↓

それはね、●●●だからなんだよ~


という【結論&なぜなら】パターン

クイズだよ

 ↓

▲▲▲はな~んだ?

 ↓

場合によってはヒント有り(笑)

 ↓

答えは●●でした~


という【クイズ】パターンがわりと多く出てきます。



晩ご飯を食べているときに小3の息子からの出題が記事のタイトル、これ


●「生きていくために絶対に必要なモノってなんだ?」

なのでした。


で、夫は、この問題をわりと実利的にとらえ、真っ先に

「健康でしょ、やっぱり」

私は意外に哲学的にとらえてしまい

「自分で答えを出していく力…かなぁ、そういうこと?」

最後に、息子自身は、きわめて物理的に

「違うよ。空気だよ!パパ。ママ。」

「空気がなければ呼吸できないじゃん、健康だったとしてもだめだよー」


ですって(笑)


同じ問いかけに対して、これだけとらえ方に幅あるんですね~

人の話はほんとよく聞いて、確かめなくっちゃ、ね。。


年々再々、誰にとっても正しいと思える鉄板の正解なんて無いと思うように。

けれど、最新知識をインプットしたり、お客様に学びを得たりしながら、ご当人にとって「そうだ!」と納得できる、腑に落ちる回答へ近づくことはできるのでは…と思っています。


「人へのアドバイスはなおさら難しいな~~」と家計相談の姿勢をひとり振り返る今朝でした^^


* * *


●こんな想いで家計相談をしています【女性FPとして想うこと】

●FP?どんなことを家計相談でどんな話ができるの?と思ったら…【無料ガイダンス】
●たくさんのお声をいただき、ありがとうございます【お客様の声】