期待のルーキー、荒川晃大選手の帽体をペイント致しました。

 

 

つや消し仕様になります。

 

 

2021年仕様の第二弾になります。

 

 

前回の仕様とは細かく変更してあります。

 

 

今回はグリーンのラメフレークを各部分に散らしてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギリギリとなってしまいました、完成です。

 

ホーネットADVにワインガードナーのカラーリングを施工致しました。

 

 

ホーネットは久しぶりのペイントになります。

 

 

これ、バイザーのペイントが物凄く大変なのです。

 

 

エアを抜く様な形状なのでマスキングが大変です。

 

 

バイザーの裏側は黒に仕上げます。

ここを黒くしないと光の反射で見えにくくなります。

 

 

その裏側のマスキングも大変です、この形状だと。

 

 

ダクト類もそこそこあるので難易度の高い帽体です。

 

 

ガードナーのカラーリングの配色を変えたバージョンになります。

 

 

遊び心でモンスターロゴも追加。

 

 

黒、蛍光ピンク、蛍光イエローからグリーンのグラデ、青パールが相性の良い印象です。

 

 

コロナ過で納期が遅れております、待って頂けてありがたいです、おまたせ致しました、完成です。

ご新規のお客様からご依頼を頂きました。

 

 

ベースはArai RX-7X です。

 

 

かなり個性的なデザインです、これはヴァン・ヘイレンのギターの柄を模しました。

 

 

頂いた資料画像がこちらです。

 

 

これ、塗装を少しでもかじった人だったら解ると思います、めちゃめちゃ大変です。

 

 

簡単に言えば、白と黒のラインが上になったり下になったりするのでマスキングの手順が通常の手順では無理なのです。

 

 

塗装のやり方って正解は一つでは無いので一人一人で手順は違うかと思います。

 

 

自分の場合、出来るだけ最短距離で綺麗に。てな感じで工夫をしてみました。

 

 

やり方は企業秘密なのですが、今回の作業で又、勉強になりました。

 

 

現在、コロナの影響なのかオーダーが大変混み合っております。

 

 

今回も待って頂けて助かりました、お待たせ致しました、完成です。

町井レプリカのオーダーを頂きました。

 

 

町井レプリカは過去にも作成しております。

 

 

前回の仕様では水色メタと青メタでした。

 

 

今回のオーダーでは青メタ部分を赤っぽい紫に。のご指定です。

 

 

画像検索して解ったのですが、本物も青メタだったり赤っぽい紫だったりと数パターン存在しているようです。

 

 

意外と画像が見つからないので他にも違う仕様があるかもしれません。

 

 

例によってコロナの影響なのか、例年以上にオーダーが入っております。

 

 

土日、GW返上で作業しておりますがなかなか追いつかない状態です。

 

 

お待たせ致しました、完成です。

 

 

 

GT-Air Ⅱ をペイントいたしました。

 

 

お客様は以前もご依頼頂けたT様です。

 

 

リピートをありがとうございます。

 

 

前回はX-Fourteenでしたが今回はGT-Air Ⅱがベースになります。

 

 

インナーバイザータイプが特徴です。

 

 

両サイドと襟足部分にインカムを組み込める仕様の帽体です。

 

 

サーキットであればX-Fourteenの一択ですがツーリングでしたらGT-Air Ⅱも便利かもしれませんね。

 

 

塗装屋としては帽体表面がかなり凹凸が多いので結構大変だったりします。

 

 

カラーリングは前回同様、ホンダカラーの市販品をレプリカしました。

 

 

違う帽体なので細部は異なります。

 

 

パッと見は同じイメージを踏襲しております。

 

 

コロナの影響なのか、例年より沢山オーダーを頂いており通常よりも納期に時間がかかってしまいました、申し訳ございません。

 

 

お待たせいたしました、完成です。

 

 

 

星野選手の帽体を追加ペイントしました。

 

 

基本ラインは今シーズンのデザインを踏襲しておりますが。

 

 

今回はつや消し仕上げの指定です。

 

 

仕上げてみると想像以上に良い感じかと。

 

 

次回の分は更に違う色の仕様の予定で今から楽しみです。

 

 

今週末の鈴鹿ではツヤあり、つや消しの二刀流での参戦になります。

 

 

ラインは一緒なのですがラップ塗装を入れたり色々と小変更はしております。

 

 

コロナの影響なのか、去年から今年とずっと繁忙期が続いている印象です。

 

 

ありがたいのですが全体的に作業が遅延気味です。

 

 

今回の仕上がりもギリギリになってしまいました。

 

 

この後、鈴鹿へ直送です、レース、怪我をなさらないように!

 

 

 

 

 

 

 

GT-Rのチューニングで有名なMCR様からのご依頼です。

 

 

過去にも何度もヘルメットのペイントのご依頼を頂いております。

 

 

お客様の帽体ですがカラーリングラインは代表の小林様のを踏襲しております。

 

 

今回はメッキをベースに塗装を施しました。

 

 

メインの赤は蛍光では無い発色の良い赤です。

 

 

メッキを生かしているのは縁取りとキャンディイエロー部分です。

 

 

メッキを全部、生かすよりこのくらいのバランスで生かした方が収まりが良いかと思います。

 

 

 

ご新規のS様よりペイントのオーダーを頂きました。

 

 

デザインは弊社が以前作成したデザインをリファンしての指定です。

 

 

デザイン画はこちらになります。

 

 

メールで何度も打ち合わせして決定稿を作成致しました。

 

 

メインの赤はソリッドです。

 

 

シンプルなデザインの中に影を多めに入れて深みのある仕上がりになっております。

 

 

頭頂部にはフレアのグラデが入ります。

 

 

キャンディ、パール、影入れ、ハイライトで横よりも更に深みのある仕上がりです。

 

 

お待たせ致しました、完成です。

 

 

ご新規のH様からご依頼を頂きました。

 

 

帽体は二輪用ですが四輪に使われるそうです。

 

 

デザインはお客様のスケッチから起こしました。

 

 

こちらがデザインスケッチです。

 

 

何度も打ち合わせをしてこちらのデザイン画が決定稿になりました。

 

 

奥行き、立体感をご希望との事で意識してエアブラシで陰影を入れてあります。

 

 

メインは青、白、黒です。

 

 

差し色で紫紺を入れました。

 

 

画像からは伝わりにくいかもですがパール系の青、紫紺で映えるかと思います。

 

 

何とか間に合いました。

 

 

完成です。

SPARCOの四輪用帽体をペイント致しました。

 

 

弊社ではSPARCOは珍しいです。

 

 

カーボンの帽体なのでせっかくなのでカーボン部分を生かした仕上がりです。

 

 

デザイン画はこんな感じで。

 

 

実際の作業ではアレンジが加わるので多少の変更は発生します。

 

 

通常のやり方ではカーボン地を活かせないので色々と工夫が必要です。

 

 

そのため、通常より時間と手間が必要になります。

 

 

デザインはお客様の指定で以前弊社で作成したデザインをベースにブラッシュアップしております。

 

 

メインの縁取り部分は蛍光赤です。

 

 

ワンポイントの猫のイラストはメリハリを出す為にソリッドの赤です。

画像からだと判断が難しいかもです。

 

 

ご新規のお客様で四輪のワンメイクレースに参戦している女性です。

 

 

年齢が近いこともあり、バイク乗りでもあるので打ち合わせは楽しかったです。

 

 

グラデーション多めでかなり映えるかと思います。

 

 

何とか間に合いました。

 

 

完成です。