先日の沖縄旅行でのレンタカー,

信頼と実績の(!?)レンタカージャパレンだったんですが,

予想に反して用意された車がな・な・なんと外車!!


BMW?? メルセデス??

それともコンパクトをオーダーしてたからミニクーパー!?


淡い期待をしながら係員に付いていくと・・・・・・




まぁ,オチは分かるでしょうが,

ヒュンダイ製の『TB』とゆークルマでした(^^ゞ


韓国のクルマですね.


個人的なフィーリングとしては,サイズも小さく車両重量が軽いせいか,

キビキビと扱いやすいと思いました.


さすがにライバルを上回る1.4Lのエンジンを積んでいるだけあって,

坂道などで加速したいときは,アクセルを踏めば

しっかり加速してくれるんです.




ただ,気になる点も少々・・・.


エンジンは1.4Lを積んでいる割にトルクが小さいせいか,

ゼロ発進時にいつものように踏み込んだつもりでも,

グーンと5000回転近くまで引っ張ってしまうんですね.


ミッションにCVTを採用していない点もあわせて,

これではどーしても燃費が伸びにくいですよねぇ.


ギアを1段落としてエンジンブレーキをかけたいときも,

最新の日本車と比較すると,1テンポ遅れてエンブレが効くような気がしました.




あと,細かいところでグローブボックスに照明がついている点と,

助手席のシートバックに買い物用フックが付いているのは大いにマル!!


逆に,パワーウインドウがガラスを下ろす(あける)ときは自動でフルオープン.

ガラスを上げる(しめる)ときはレバーを手動で操作し続けなくてはならない

片自動タイプとゆーのは,ちょっと前のアメ車っぽくて不便な印象を受けました.




何だかんだ言いつつ,ヒュンダイのクルマに初めて乗れてちょっと嬉しかったです♪


1.4Lのこのクルマが本体価格110万円とは安いですわっ!!