愛のリーダーを育てる!!

愛のリーダーを育てる!!

わたしの使命は「愛のリーダーを育てる」こと!

Do everything in Love.

皆さんは人を利用しようとすることはありますか?

ないという人もいるかも知れませんが、一瞬でもよぎったことはないですか?

 

実は統治という博物学的知能が、そのことを考えるのです。

 

 

考えてみれば、脳で考えるので当然のことなのですが・・・

 

 

 

ということで、脳がわかるとマネジメントが楽しくなりますよ。

 

 

 

アメックス・カードの宣伝

最強のカードと言われるSPGカード

  • Marriott Bonvoy™(マリオットボンヴォイ)の会員資格「ゴールドエリート」をご提供
  • アジア太平洋地域の特典参加ホテル内レストランご飲食代金が15%オフ
  • 毎年のカードご継続毎に、無料宿泊特典をプレゼント

このカードを持っているだけで、ゴールドエリートの特典がもらえます。

私はMarriott Bonvoyのアプリを使って申し込みをしますが、前日にチェックインの時間を選んで、チェックインをデジタルで行うのです。

例えば、新大阪に行くときは11時にチェックインをアプリで行っているので、早めに部屋に入ることができます。

 

http://amex.jp/share/jLbw2

 

あなたのカードの一枚に!

 

今日のデボーション聖書箇所

 

信仰生活

 

Scripture
ペテロの手紙 第二 3章9節(新改訳第3版)
主は、ある人たちが遅れていると思っているように、約束したことを遅らせているのではなく、あなたがたに対して忍耐しておられるのです。だれも滅びることがなく、すべての人が悔い改めに進むことを望んでおられるのです。

Observation

世の中の不正が明るみに出ています。しかし、それが隠され正しい者が損をしているように思えるのです。

そのようなことが今、世界中にあふれています。悪魔は滅びることが決まっていますから、多くの人間と共に滅びの道に行こうとします。それによって、不正がはびこるからこそ、神様の審判、裁きが早く下ることを願うのです。

しかし、実際にはそのことが行われずに、苛立ちを隠せない状態になり、信仰から離れていくのです。今日はそのような中で、遅れているのではなく、約束したことを遅らせているのではなく、忍耐しておられることを知りました。

その理由が神様の愛です。「だれも滅びることがなく、すべての人が悔い改めに進むことを望んでおられるのです。」私たちも状況に左右されるのではなく、福音を伝えていく者として悔い改めに導かれるように祈り、証し、福音の素晴らしさを語っていきましょう。

 

Application

今の世界の情勢をみるときに、霊的な戦いであることを覚えるのです。状況に対して戦うこともありますが、むしろ、この時にどれだけ福音を宣べ伝えることができるのかが重要な焦点です。人々が悔い改め、神様に立ちかえるチャンスが来ているからです。

 

だからこそ、
1)神様の福音を多くの人たちに届けるためにも、愛のリーダーを育成していこう。
2)デボーションとそのシェアを通して、福音の豊かさを多くの人たちに伝えていこう。
3)神様はだれも滅びることがなく、すべての人が悔い改めに進むことを望んでおられるだからこそ、とりなしの祈りをささげていこう。

 

Prayer
天の父なる神様、だれも滅びることがなく、すべての人が悔い改めに進むことを望んでおられるあなたに栄光が豊かにありますように、あなたのお名前を賛美します。

多くの人たちにあなたの愛を伝えていくことが出来るように聖霊によって助け導いて下さい。とりなしの祈りが賜物として与えられているからこそ、もっと多くの人たちのために祈ることが出来るように助けて下さい。

あなたの忍耐と愛に心から感謝して、私たちの救い主イエスキリストの御名でお祈りします。
アーメン!

ゴールデンルール・メソッドは、聖書から物事を捕らえ直しています。

2018年にインフォグラフィックを使って、マネジメントの本を作りました。その中の「仲間のすごさの認め方」には、絵と解説がついています。

 

そして脳の使い方からその解説をしているのです。

ローマ人への手紙12章4節から8節までに脳の使い方、賜物の話があります。それとMI理論(多重性知能)とをかけ合わせて脳の使い方について教えています。

 

 

その中で対人的知能【憐れむ人、寄り添う力、慈恵】というのがあります。

ここが強い人の悩みにはこのようなことがあります。

何でそんなことで悩むんだと言われても、脳がそれを認識するのです。

そんなときは、この文章を読んでみてください。

なんて簡単に書いてありますが、共感する力がある人の自己肯定感が高くなると、共感する力をコントロールできるようになります。寄り添い励ましながら、相手の自己肯定感を高める関わりができるようになると、自分の弱さと感じていたことも、強みとしていかされることになるでしょう。