フォードVSフェラーリ | MASAの踊り念仏。
新型コロナウイルスに関する情報について

MASAの踊り念仏。

踊る様に生きよう!!


日本のモータウン豊田市でダンススタジオを経営する社長兼ダンサーのMASAのブログ

日々の出来事や感じた事をブツブツと書き散らかしております。

 フォードVSフェラーリを観て来たよ!

またもや、劇場では終了しているけどw





マット・デイモンとクリスチャン・ベールが初共演でダブル主演を務め、1966年のル・マン24時間耐久レースで絶対王者フェラーリに挑んだフォードの男たちを描いたドラマ。ル・マンでの勝利を目指すフォード・モーター社から依頼を受けた、元レーサーのカーデザイナー、キャロル・シェルビーは、常勝チームのフェラーリ社に勝つため、フェラーリを超える新しい車の開発と優秀なドライバーの獲得を必要としていた。シェルビーは、破天荒なイギリス人レーサーのケン・マイルズに目をつけ、一部上層部からの反発を受けながらもマイルズをチームに引き入れる。限られた資金と時間の中、シェルビーとマイルズは力を合わせて数々の困難を乗り越えていくが……。シェルビーをデイモン、マイルズをベールがそれぞれ演じる。監督は「LOGAN ローガン」「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」のジェームズ・マンゴールド。第92回アカデミー賞で作品賞を含む4部門でノミネートされ、編集賞と音響編集賞の2部門を受賞した。


アカデミー賞音響編集賞獲りましたね。
エンジン音が最高でした。

車好きには、たまらない映画です。
これは、絶対映画館で観るべき映画でしたが、またまた私のアップが遅いせいで、映画館では、ほとんど終了している模様…。

これから観る人は、自宅の音響設備を整えるか、お高いヘッドホンを買って観て下さいw

ストーリーも良くて車好きじゃなくても楽しめる映画ですよ。