ターミネーター ニュー・フェイト | MASAの踊り念仏。

MASAの踊り念仏。

踊る様に生きよう!!


日本のモータウン豊田市でダンススタジオを経営する社長兼ダンサーのMASAのブログ

日々の出来事や感じた事をブツブツと書き散らかしております。

ターミネーター ニュー・フェイトを観て来ました。

学生時代に映画館で2を観て凄い映画だなぁと思いながら観てました。

ジェームズ・キャメロンが生み出したSFアクション「ターミネーター」のシリーズ通算6作目で、キャメロンが直接手がけ、名作として人気の高い「ターミネーター2」の正当な続編として描かれる。キャメロンがプロデューサーとなり、「ターミネーター2」以来にシリーズの製作へ復帰。「デッドプール」を大ヒットさせたティム・ミラー監督が新たにメガホンをとった。人類滅亡の日である「審判の日」は回避されたが、まだ危機は去っていなかった。メキシコシティで父と弟とごく普通の生活を送っていた21歳の女性ダニーのもとに、未来から最新型ターミネーター「REV-9」が現れ、彼女の命を狙う。一方、同じく未来からやってきたという女性戦士グレースが、ダニーを守るためにREV-9と壮絶な戦いを繰り広げる。何度倒しても立ち上がってくるREV-9にダニーとグレースは追いつめられるが、そこへ、かつて人類を滅亡の未来から救ったサラ・コナーが現れる。リンダ・ハミルトン演じるサラ・コナーも28年ぶりにカムバックし、シリーズの顔であるT-800を演じるアーノルド・シュワルツェネッガーも出演。グレース役に「ブレードランナー 2049」のマッケンジー・デイビス、ダニー役にコロンビア出身の新鋭女優ナタリア・レイエス。



感想としては、アクションとか映像とか進んでいて、単体で観ると面白いんだけど(私の衰えた動体視力では、全てが追いきれない部分があるが、、、笑)、2を観てる者にとっては2超えられないかなあという印象。

ストーリーは、前作と同じ感じで、いい意味で偉大なるマンネリw安心感はあるかな⁉︎
ターミネーターという作品をシュワルツェネッガーとリンダ・ハミルトンに返した感ですかねえ。

個人的には、シュワルツェネッガーの代名詞といえる、セリフとアイテムをリンダ・ハミルトンが、、、
(これ以上は、ネタバレなので気になる人は、劇場まで)
の部分がツボでした。