『永遠の門』ゴッホの見た未来 | MASAの踊り念仏。

MASAの踊り念仏。

踊る様に生きよう!!


日本のモータウン豊田市でダンススタジオを経営する社長兼ダンサーのMASAのブログ

日々の出来事や感じた事をブツブツと書き散らかしております。

『永遠の門』ゴッホの見た未来を観て来ました。


「潜水服は蝶の夢を見る」「夜になるまえに」のジュリアン・シュナーベル監督が画家フィンセント・ファン・ゴッホを描き、2018年・第75回ベネチア国際映画祭コンペティション部門で、ゴッホ役を演じた主演ウィレム・デフォーが男優賞を受賞した伝記ドラマ。画家としてパリで全く評価されないゴッホは、出会ったばかりの画家ゴーギャンの助言に従い南仏のアルルにやってくるが、地元の人々との間にはトラブルが生じるなど孤独な日々が続く。やがて弟テオの手引きもあり、待ち望んでいたゴーギャンがアルルを訪れ、ゴッホはゴーギャンと共同生活をしながら創作活動にのめりこんでいく。しかし、その日々も長くは続かず……。作品が世に理解されずとも筆を握り続けた不器用な生き方を通して、多くの名画を残した天才画家が人生に何を見つめていたのかを描き出していく。ゴッホ役のデフォーのほか、ゴーギャンをオスカー・アイザック、生涯の理解者でもあった弟テオをルパート・フレンドが演じるほか、マッツ・ミケルセン、マチュー・アマルリックら豪華キャストが共演。


感想としては、ゴッホに興味がある人か映画ファン以外には、おススメしないかな。

カメラワークが、ゴッホの目線を強調する為かずっと揺れているので、画面酔いするのと、ゴッホの見えている世界を映し出す表現なのか、下半分がボヤけさせているシーンが多いので眠くなるかも。
アーティスティックに走りすぎて一般受けしない作品になっているかな。

個人的には、好きな作品です。

ウィレム・デフォーの演技は素晴らしかった。

ゴッホの生涯は書籍や映画に数多くなっていて、作品ごとに解釈が違うが、この作品はこう来たかという感じでした。


ウィレム・デフォーのポーズは、これをオマージュしているのかな。

プラトーンをリアルタイムで映画館で観た私にとっては、こころ震えました!

こういう単館上映されるような映画が近くの映画館で観られるのは、嬉しい。
まあ、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされる様なメジャー作品なんだけど、ミニシアター感が満載です。