翔んで埼玉 | MASAの踊り念仏。

MASAの踊り念仏。

踊る様に生きよう!!


日本のモータウン豊田市でダンススタジオを経営する社長兼ダンサーのMASAのブログ

日々の出来事や感じた事をブツブツと書き散らかしております。

『翔んで埼玉』が加入している動画サービスで配信されていたので、観ました。
あまり邦画は観る方では、ないですがちょっと気になっていたので、観てみた。



「パタリロ!」で知られる漫画家の魔夜峰央が1982年、当時自らも居を構えていた埼玉県を自虐的に描いたギャグ漫画として発表し、30年以上を経た2015年に復刊されるとSNSなどで反響を呼んだ「翔んで埼玉」を、二階堂ふみとGACKTの主演で実写映画化。かつて東京都民からひどい迫害を受けた埼玉県民は、身を潜めてひっそりと暮らしていた。東京都知事の息子で、東京のトップ高校である白鵬堂学院の生徒会長を務める壇ノ浦百美は、ある日、アメリカ帰りで容姿端麗な謎の転校生・麻実麗と出会う。百美は麻実に淡い恋心を抱き、互いに惹かれあっていく。しかし、麻実が埼玉県出身であったという衝撃の事実を百美が知ってしまい、2人は東京と埼玉の県境で引き裂かれることとなってしまうが……。二階堂が男性である百美役をGACKTが麻実役をそれぞれ演じる。監督は「のだめカンタービレ」シリーズ、「テルマエ・ロマエ」シリーズの武内英樹。


バカバカしい事を最後まで、真剣にやりきっていて面白かった。
ずっと細かいネタが入っているので、それが理解出来ると笑えます。
合戦シーンは、笑えます。



埼玉の人とか関東の人が観るともっと面白いんだろうなと思います。