グリーンブック | MASAの踊り念仏。

MASAの踊り念仏。

踊る様に生きよう!!


日本のモータウン豊田市でダンススタジオを経営する社長兼ダンサーのMASAのブログ

日々の出来事や感じた事をブツブツと書き散らかしております。


テーマ:
今年のアカデミー賞受賞作の『グリーンブック』を観て来ました。

封切りされて、すぐに行ったんだけど、またまたブログアップが遅れてしまった。


あらすじ

黒人ピアニストと彼に雇われた白人の用心棒兼運転手が、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を手に人種差別が残るアメリカ南部を巡る人間ドラマ。『はじまりへの旅』などのヴィゴ・モーテンセンと、『ムーンライト』などのマハーシャラ・アリが共演。『メリーに首ったけ』などのピーター・ファレリーが監督を務めた。アカデミー賞の前哨戦の一つとされるトロント国際映画祭で、最高賞の観客賞を獲得した。

1962年、ニューヨークの高級クラブで用心棒を務めるトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は、クラブの改装が終わるまでの間、黒人ピアニストのドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)の運転手として働くことになる。シャーリーは人種差別が根強く残る南部への演奏ツアーを計画していて、二人は黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに旅立つ。出自も性格も違う彼らは衝突を繰り返すが、少しずつ打ち解けていく。


アカデミー賞受賞作ってちょっと小難しい感じだったり、万人受けしない作品が多いんだけど、この作品は、娯楽映画としても楽しめる映画でした。


自分は、ロードムービー好きなので、アメリカ南部を車で旅するロードムービーとしても楽しめるし、バディものとしても楽しめる。

人種差別を描いた作品は、賛否両論出るのは、仕方ないけど、素直に映画として良く出来た作品だと思います。

ケンタッキーフライドチキンは、買わなかったけど、カティサークは、帰り道に買ってしまった(笑)


これもおススメなので、興味がある方は劇場へ!

MASAさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ