15時17分、パリ行き | MASAの踊り念仏。

MASAの踊り念仏。

踊る様に生きよう!!


日本のモータウン豊田市でダンススタジオを経営する社長兼ダンサーのMASAのブログ

日々の出来事や感じた事をブツブツと書き散らかしております。


テーマ:

クリント・イーストウッド監督の

15時17分、パリ行き』観て来ました!

自分達の年代だとクリント・イーストウッドというと『ダーティハリー』だけど今や名監督ですね。

{4B925AD4-7F9F-44D4-80EE-043C923A0738}



ストーリー

2015年8月21日、554人の客が乗るアムステルダム発パリ行きの高速鉄道タリスに、武装したイスラム過激派の男が乗り込み無差別テロを企てる。乗客たちが恐怖に凍り付く中、旅行中で偶然乗り合わせていたアメリカ空軍兵スペンサー・ストーンとオレゴン州兵アレク・スカラトス、二人の友人の大学生アンソニー・サドラーが犯人に立ち向かう。


この映画、とんでもないです。

実話なんですけど、その当事者がそのまま映画に出てるんです‼︎


普通、実話の映画もプロの俳優さんが演じるじゃないですか、それを俳優じゃない本当に事件に遭遇した人が演じているんです。


ドキュメンタリーだと本人のインタビューくらいは、出るけどそのまま演技をして映画として成り立ってるのが凄い!


クリント・イーストウッド恐るべし。

年齢を重ねても、実験的なチャレンジを続ける力は、凄まじいです。


で、物語も凄く感動的で、学校では、落ちこぼれの3人が、ヒーローになるんです。


ありがちな脚本だけど実話っていうのがねー。

{E2BC97A2-ADE8-4634-B57B-C3EA9866F7BF}


幼馴染3人がヨーロッパ旅行をしているシーンが、ロードムービーも大好きな自分には、ハマりました。


最近、映画の感想を書いていて思ったこと。

うん、結局どんな映画も大体好きらしいw


これも、生きる力を貰える映画です!


色々と上手くいかなくて閉塞感を持っている人にオススメの映画です!

MASAさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス