ギフテッド | MASAの踊り念仏。

MASAの踊り念仏。

踊る様に生きよう!!


日本のモータウン豊田市でダンススタジオを経営する社長兼ダンサーのMASAのブログ

日々の出来事や感じた事をブツブツと書き散らかしております。


テーマ:
映画『ギフテッド』を観て来ました。

もちろん、SFやアクション、サスペンスといった派手な映画も大好きです!
でも、こういうファミリードラマも大好きですね。
{82365BE9-73E2-4BCC-9301-4C8DC43D5D1F}
ストーリー
「キャプテン・アメリカ」「アベンジャーズ」シリーズのクリス・エバンスが幼い姪に愛情を注ぐ独身男を演じ、「(500)日のサマー」「アメイジング・スパイダーマン」のマーク・ウェブ監督がメガホンをとったファミリードラマ。生まれて間もなく母親を亡くした7歳のメアリーは、独身の叔父フランクとフロリダの小さな町でささやかながら幸せな毎日を送っていた。しかし、メアリーに天才的な特別な才能が明らかになることで、静かな日々が揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクのもとに、フランクの母イブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すため2人を引き離そうとする。そんな母に抵抗し、養育権をめぐる裁判にのぞんだフランクには、亡き姉から託されたある秘密があった。

いやーいい映画でした。

のんびりとした美しい景色が広がり、ド派手な演出は無いのですが、心に響く映画でした。

クリス・エバンスの演技も良かったんですが、子役の女の子の演技が素晴らしかった。天才的な部分と普通の子供らしさの一見相反する部分を見事にバランスよく表現してたなあ。

隻眼の茶トラの猫がいい味を出していましたねー。

昨年観た『ボブという名の猫』の茶トラの猫も良かったけど、今回の隻眼の茶トラの猫の演技も良かった。
実は、自分は猫好きなのかな?

最近観た『ドリーム』にも出演していたオクタヴィア・スペンサーの貫禄も流石だった、凄い存在感!

人の幸せって何だろうと言う事を考えさせられる映画ですが、気軽に観られる映画でもあるので、おススメですよ!

自分が好きなシーンは、ちょっと皮肉の効いた

『年上の間違いは正すなとフランクに言われた』
『嫌われるから』
のシーンが映画の流れを観てるとクスッときます。

このセリフは、予告でも流れてるからネタバレにならないよね。笑

MASAさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス