【大山祇神社の奥の院での罠】 | 【笑いとスピリチュアルを融合してあなたのヒザをガックガクさせるチャネラーリュウのブログ】

【笑いとスピリチュアルを融合してあなたのヒザをガックガクさせるチャネラーリュウのブログ】

あなたを 【ネオ人生ゲーム】にいざなう為、
はるばる 遠いところからやってきた。
チャネリングを世界に拡げる チャネラーリュウがお届けします。

おはようございます


笑いとスピリチュアルを融合して あなたのヒザをガックガクさせる


チャネラーリュウです


さて、大山祇神社⛩のつづきです。


拝殿に来ました。


すると、その日は鳴釜神事がある日だとわかり、神主さんが神事の準備をしている時でした。



釜で占う神事。



鳴釜神事(なるかましんじ)は、釜の上に蒸篭(せいろ)を置いてその中におを入れ、蓋を乗せた状態でを焚いた時に鳴る音の強弱・長短等で吉凶を占う神事


吉備津の釜 御釜祓い釜占い、等ともいう。元々吉備国で発生したと考えられる神事。一般に、強く長く鳴るほど良いとされる。


原則的に、音を聞いた者が、各人で判断する。女装した神職が行う場合があるが、盟神探湯湯立等と同じく、最初は、巫女が行っていた可能性が高い。


現在でも一部の神社の祭典時や修験道の行者、伏見稲荷の稲荷講社の指導者などが鳴釜神事を行う姿が見られる。


いつの頃から始まったかは不明。古くは宮中でも行われたという。吉備津神社の伝説では、古代からあったとする。また、初期古墳上に見られ、埴輪の起源とされる特殊器台形土器は、この御釜と関係があるのではとの説もある



ウィキより




宮中でも行われている神事。。




日本総鎮守と言われる大山祇神社。。



この大山祇神社の鳴釜神事は、一般の方は見ることができないという。



ですが、私は以前、別の所で最初から鳴釜神事を見たことがあります。



それも、日本の本当の歴史を守っているという神社で。


この鳴釜神事は重要な場所では、受け継がれて来ているのだろうと感じました。



なにか、重要な部分に触れたような、そんな感覚がありました。






その後、奥の院があるとのことで、そちらへ向かいました。


その奥の院の手前に


生樹の御門
いききのごもん




徒歩で5分くらいで到着しました。


動画どーぞ。





そして、奥の院へ。






ということで、奥の院完了です。



となるのですが、実はこの奥の院の裏にもう一つ仕掛けがあったのです。




その様子がこちら。



あ、おいしそうな、みかんだ。。


!!!
罠じゃないかっ!


危ない危ない。。もう少しで捕まるところでした。。


本物の罠で危なかったです。。



www




つづきは次回。





【お知らせ】

チャネラーリュウの前世や守護霊を見るセッションや、チャネラー養成講座の情報、神社ツアーのお知らせなどは ホームページにあります。よかったら覗いてみてください。





YouTube もやってます。

怪しいキャラ設定で楽しく配信していきます。

よかったら 見てくださいねー


【不動明王が教える 炎のスピリチュアルTV】は こちら。







旅のお知らせや、ブログでは書けない内容や写真は ライン@で お伝えしていこうと思います。


もし、よろしければ 登録してみてください。
下記リンクから すぐ登録できるようになっています。