【満員御礼】小倉ヒラク氏「日本発酵紀行」刊行記念トークイベント&「醤ワークショップ」ご案内 | まるざ古代餅の不思議のチカラ

まるざ古代餅の不思議のチカラ

玄米だからこそ農薬や除草剤に頼らず
玄米だからこそ発芽にこだわり大切に作っております。

「玄米がいいのは知っているけど時間がない」
そんな方に噛めば噛むほどお米そのものの甘みが増し、
ぷちぷちした食感がクセになる
「まるざ古代餅」を世界に伝えてます!


※【満員御礼】ありがとうございます※


 

どこから話したらいいのか、、

どう話せば伝わるか、、

 

もう嬉しくて頭、興奮状態ですが、

小倉ヒラクさんが、

まるざ発芽玄米研究所に来てくれて、

一緒にご飯食べて、一緒に醤作って、

トーク等、時間共有してくれることになりました。

 

そもそも出会いは

1冊目「発酵文化人類学」。

 

私にとってこの1冊目「発酵文化人類学」は衝撃的でした。

その面白さは、発酵や微生物についての学びというより、読むに連れ、古くから伝わる発酵や微生物と私たち人間との関わりや文化との奥深さに気づかされ、

私にとっては、どことなく玄米と共通する感覚ってのもあって、

ボヤけてたところをポンっと奥深い視点で、ヒュいーんと、いきたかった世界へ連れていってくれました。

 

あー、ぜひ読んで欲しい。

発酵に興味あるなしに関わらず楽しめます。

 

そんな小倉ヒラクさん、

この度、

 

2冊目「日本発酵紀行」を上梓!!!

 

こちら「日本発酵紀行」は、

 

日本47都道府県の発酵文化を訪ねた旅行記で、

社会学専攻、はたまた文化人類学も学んだ小倉さんならではの視点で、日本の発酵食とそれらが生まれた背景や作り手、地方のことなどを分かりやすく紹介されていて、

当日は、その時のエピソードなどお話ししてくれるそうです。

 

日本各地、香川は香川だからこその土地や歴史から見えてくるものを小倉ヒラクさんならではの感性や広い視野、奥深さで。

 

この貴重な機会、ぜひまるざ発芽玄米研究所で体験しに来てくださいませ。

(この「日本発酵紀行」は、当日まるざ発芽玄米研究所でも販売しておりますー(サイン付き^^)

 

– – – – – – – –

 

日 時:6月11日(火)11:00〜14:00

場 所:まるざ発芽玄米研究所/香川県高松市牟礼町牟礼2310

参加費:4000円 「醤×玄米ピザ」ランチ付き / 醤ワークショップ付き

(予定スケジュール)

11〜12時 小倉ヒラクさんトーク
12〜13時 小倉さんと一緒に「まるざ発芽玄米発酵ランチ」

      (トーク後の質問タイムもかねる)
13〜14時 小倉さんとの醤ワークショップ&サイン会^^

 

– – – – – – – –

 

<お申込み方法>

1)メール

まるざ発芽玄米研究所(info@maruza.net)

件名「日本発酵紀行」

本文に 

①お名前 

②ご住所 

③電話番号

ご明記の上、送信ください。

追って「予約完了」の返信をいたします

 

2)お電話(087-845-5200)

 

3)ご来店

 

※参加費は当日受付時にお支払いください。

 

– – – – – – – –

 

 

香川まで行かれへんー

そんな方は、東京渋谷ヒカリエ8F

d47 MUSEUMにて7月8日まで展示していて、

私もどこかのタイミングでいきたいと思ってます。

👇

Fermentation Tourism Nippon
〜発酵から再発見する日本の旅〜

2019年4月26日(金)〜7月8日(月)

渋谷ヒカリエ
d47 MUSEUM

https://static.d-department.com/jp/fermentation-tourism-nippon

 

 

<プロフィール>

小倉ヒラク

1983年生まれ。「見えない発酵菌たちの働きを、デザインを通して見えるようにする」ことを目指し、全国の醸造家や研究者たちと発酵・微生物をテーマにしたプロジェクトを展開。東京農業大学で研究生として発酵学を学んだ後、山梨の山の上に発酵ラボをつくり日々菌を育てながら微生物の世界を探求している。アニメ『手前みそのうた』でグッドデザイン賞2014を授賞。著書に『発酵文化人類学』(木楽舎)。ホームページ hirakuogura.com