東日本大震災の発生から
今日で10年を迎えました。

10年間、私を
支え続けて下さった被災者のご家族がいます。

震災直後の取材での出会いをきっかけに
10年間交流を
続けさせて頂いています。

私が躓いた時に必ず、
手の温もりを感じる丁寧な
お手紙やお葉書を下さいます。


そのご家族が常に大事にされている言葉は
「どんな状況でも笑って前を向く」。


手紙や葉書を読み返しては
心を落ち着かせ、
元気をもらってきました。


自分が大変な時にも他人のためにと
人のことを思いやれる人たち。

人との絆で生かされている事を
あらためて考える今日という日、
私も少しでも人を支えられるように
この絆をあたためていきたいです。