任意加入への道は遠し? | まるおの雑記帳  - 加藤薫(日本語・日本文化論)のブログ -
2011-02-14 18:13:06

任意加入への道は遠し?

テーマ:PTA
昨年度末の以下の二つの記事の続報です。

<横浜市立川島小学校への申し入れ(追記3/19)>

<告知なしの校長による給食費等との抱き合わせ徴収につき横浜と川崎の教委に申し入れ>


昨年の6月頃のことであるが、横浜市教委よりうれしい知らせがあった。
横浜市PTA連絡協議会と横浜市立小学校・中学校校長会において、PTAが任意加入の団体であることが確認されたとのことである。市P連は3月、校長会は5月。
横浜市の教育委員会生涯学習課がそれぞれに出向き案内してくれたようである。

ちなみに、横浜は、小学校が約350、中学が約150校あるそうですが!、行政区が18あり、校長会の参加者はそこから代表が出ることになっているそうです。
そして、そこで話し合われたことは、全学校の校長に伝えられると。

横浜市も任意加入の方向に大きく舵を切ったと言ってよさそうである。


・・そう喜んでいたのだが、そして大きな方向としてはそう考えて間違いないとも思うのだが、残念な情報も入ってきている。

昨年度末、横浜の川島小学校には、その不適切な「学校納入金」の集め方について指摘させてもらった。すぐの対応は無理だとしても、任意加入を適切とする文科省の事務連絡も出たことだし、また、校長会でも任意加入であることが確認もされたことなので、来年度は、当然のこと、何らかの改善が図られるものと期待していた。

ところが、先日、川島小学校のホームページを見てみると、学校納入金に関する学校長からの案内がこれまでと何ら変わっていないようなのである。
↓の文書の中の「学校納入金について」のところをご覧ください。

平成23年度版 入学のしおり(新入学説明会資料)
(細かいところは変わっているかもしれないが、昨年度分がリンク切れになっているので直接の比較はできない。また、昨年の資料とのことであるが、それをサンプルとして出すということは基本的に変えるつもりはないということだろう。)

相変わらず、教材費・給食費・PTA会費がひとくくりにされ、合計いくらという形で、支払いが求められているのだ。
保護者として支払いの義務がある給食費等と、PTAに入会した人だけが払うべきPTA会費の区別がなされていない。
保護者であればだれもが払う義務的な部分と、有志が払うべきオプショナルな部分との区別がなされていないのである。

義務的な支払い項目に、任意の支払い項目を区別の不明瞭な形で乗っけたりするなど、良識ある社会人、あるいは社会集団のすることではないはずだ。

納入額の内訳をみると、PTA会費は一家庭毎月500円らしく、ご丁寧に、各学年別に月ごとに、「長子金額」と「二子以降金額」は別に示されているのである。
なのに、PTA非会員が支払うべき金額はどこにも出ていない。

つまり、PTA非会員は、ノーマルな存在として認知されていないのだと考えざるをえない。
このことは二つの問題を含むように思う。
ひとつは、非会員に対して大変に失礼である。
もうひとつは、保護者から入会しないという選択肢を奪ってしまうという意味で。
普通の保護者は、校長名のこのような支払い要請を見れば、「PTAには入るもの」と誤解してしまうだろう。実際、そう誤解してしまったという声は、ネットでも実際にもよく耳にしてきた。


横浜市の教育委員会生涯学習課のPTA担当者のM係長にこの旨伝えたところ、さっそく川島小学校の校長先生に話をしてくれた。
そうしたところ、校長先生からの回答は、これまでのやり方を改めるつもりはないとのことのようなのである。

校長先生は、「PTAから依頼のあった人についてPTA会費の納入の手続きをしている(だから、問題はない)」と言っているそうだ。

私には、その校長先生の発言と、現在川島小学校がホームページにて、一人ひとりへの意思確認の前に、「全」保護者に対して、PTA会費の支払いを給食費・教材費等といっしょくたにして求めていることとは、明らかに矛盾すると思われるが、市教委の担当者氏は、校長先生の説明に納得されたらしい。
(また、M係長は、案内の中に、「PTA会費は、PTAからの委託にもとづいて振替を行っています。」との一文があるから問題はないでしょう、とも言う。)


PTAへの「任意加入」が単なるお題目としてではなく実質として行われたとしたら、PTA会費を支払わないとういう選択肢が用意されていない、「学校納入金」の支払い要請などあるはずのないことである。

兄弟の有無は反映されているのに、なぜPTAへの参加・不参加は反映されないのか?
それは、実質的には全員参加を前提にしているからではないのだろうか。

私個人は、学校がPTA会費の徴収をPTAから依頼され行うこと自体は問題ないと思う。
しかし、その際は、あくまでも「会員」に対してその徴収を行う、ということを徹底していただきたい。
校長が保護者に対して金銭の支払いを求める場合、支払いが必須のものと、任意のものの区別をはっきりさせるということなど、社会的な常識以前のことなのではないだろうか。

「PTA会費は、PTAからの委託にもとづいて振替を行っています。」などという一文が、その説明責任を果たしているなどとはとても思えない。


「学校納入金」の扱いは、生涯学習課ではなく、学事支援課の管轄とのこと。
現時点で、学事支援課は川島小学校のような方式で特に問題はないとしているようである。
近日中に学事支援課の担当者と直接お話しすることになった。


追記:生涯学習課のM係長は、「文書だけ見ていたら誤解する人も出てくるかもしれないけれど、説明会でも説明がなされるはずだ。」と言われたが、説明会できちんとした説明がされる保証はどこにもないし、説明会に出ない人もいるのだから、やはり、文書の上できちんとした説明責任を果たすべきだと思う。

まるおさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]