北門から道隆寺の境内に入る(過去のブログ記事より) | 石川鏡介の旅ブログ

石川鏡介の旅ブログ

古寺名刹、神社、城跡、名所旧跡。さまざまな旅の思い出を綴ります。


テーマ:

 四国霊場第七十七番札所の道隆寺へ行くには、JR四国の多度津駅から歩いた場合、最短ルートが改札を出て右に向かい駅前の道を北(海に近い方)へ向かってТ字路を右折、予讃線の線路を越える橋を渡ってお寺の北側に出るというものなので、北門から境内に入ることになるのです。

 第七十六番札所の金倉寺から直接歩いた場合は、南側の仁王門をくぐることになります。

 道隆寺の北門から入ると、慈母観音、道隆公朝祐御廟とか、もどり観音、加茂稲荷大明神の社などあり、そのすぐ南側に潜徳院殿御廟があります。潜徳院殿は実在の人物で眼病の名医ということで目治しのご利益を求めて参拝者が訪れます。

 本堂、大師堂に参拝して納経所へ行きます。ここの納経所の対応もなかなか良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

(2014年8月28日の「石川鏡介のブログ」の記事を再編集)

 

 

 

 


にほんブログ村

石川鏡介さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス