四国霊場第七十六番・金倉寺の魅力(過去のブログ記事より) | 石川鏡介の旅ブログ

石川鏡介の旅ブログ

古寺名刹、神社、城跡、名所旧跡。さまざまな旅の思い出を綴ります。


テーマ:

 十七年ほど前に初めて四国霊場第七十六番札所の金倉寺を訪れた時は、正直いいまして「智証大師円珍生誕の地」「乃木希典ゆかりの地」といった程度の認識しかなく、境内の印象も、「広くて歴史あるお寺らしくて静か」といった感じでそれ以上の何かは感じませんでした。

 しかし、近年となると、昔(といっても十七年前)に比べて、多くの遍路を受け入れる態勢がじゅうぶん整っているように感じられ、納経所の方の対応もかなり良い印象になりました。

 境内にもいろいろな像が立っています。以前にもこのブログ記事で紹介させて頂きましたが、今回載せるものも魅力的です。

 こんな像を観ると、なんかほのぼのとしていい気分になれます。

 
 
 

 

 


にほんブログ村

石川鏡介さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス