ところてんの清水屋(過去のブログ記事より) | 石川鏡介の旅ブログ

石川鏡介の旅ブログ

古寺名刹、神社、城跡、名所旧跡。さまざまな旅の思い出を綴ります。


テーマ:

 四国霊場第七十九番札所の天皇寺の入り口から真っ直ぐ東へ進んでから左折し、狭い道を線路の方へ進んで、また左折し、今度は西へ向かいます。狭い道ですが住宅街の中で、この先に、本当に名物のところてん屋があるのかと思いながら進んで行くと、行く手に森が見えます。

 その森の手前、進行方向右側に、ところてんの老舗「清水屋」の店舗があります。

 さらに、その先に湧水「八十場の泉」があり、休憩所があります。そのお休み処で、名物のところてんを食べることが出来ます。創業二百余年、八代続くところてん茶屋だそうです。

 

 

 

(2014年8月 1日の「石川鏡介のブログ」の記事を再編集)

 


にほんブログ村

石川鏡介さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス