四国霊場第八十一番札所・白峯寺の参道の十三重石塔(過去のブログ記事より) | 石川鏡介の旅ブログ

石川鏡介の旅ブログ

古寺名刹、神社、城跡、名所旧跡。さまざまな旅の思い出を綴ります。


テーマ:

 四国霊場第八十一番札所・白峯寺がいよいよ近づいて、道の方向が変わり、ほっと一息ついてまた歩いて行きますと、駐車場の近くの参道脇に、石塔が二基あるのが見えます。崇徳上皇を供養するために造られたという十三重塔です。

 高さ五メートル以上あり、霊場会公式ホームページでは国宝として紹介されています。


http://www.88shikokuhenro.jp/kagawa/81shiromineji/

 崇徳上皇の生涯については、NHK大河ドラマ「平清盛」で知ったという方も多いと思いますし、それ以前に歴史書や歴史小説で知っていたという方も多いと思います。

 

 

 

 (2014年7月18日の「石川鏡介のブログ」の記事を再編集)

 


にほんブログ村

石川鏡介さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス