遍路道で見かけた、気になる貼り紙(過去のブログ記事より) | 石川鏡介の旅ブログ

石川鏡介の旅ブログ

古寺名刹、神社、城跡、名所旧跡。さまざまな旅の思い出を綴ります。


テーマ:

 

 

 四国霊場第七十三番札所の出釈迦寺、第七十二番札所の曼荼羅寺での参詣を終えて、次に向かったのが、第七十四番札所の甲山寺でした。

 その甲山寺への途中で、おかしな貼り紙を見かけました。

 街道脇に空地のような、工事関係の資材置き場のような一角があり、そこに幾つもの自動販売機がありました。その前に、

 「三流コーヒー」

 と大きく書かれてあったのです。印刷物とは思えません手書きでしょう。

 隣りには普通に商品名が書かれていました。しかし、「三流コーヒー」というのが何なのか分かりません。

 一応それで商売しているのに何故「三流」などとネガティブな書き方をするのでしょう。まず、いい意味ではありません。商品を売りたいならすべて「一流」と書けばいいのに、わざわざ「三流」と書く。「これは?」と思ってしまいますが、どうなんでしょう。

 気になったのでその五十円の「三流コーヒー」一缶を買ってみました。

 西日本に本社を置く某メーカーの缶コーヒーでした。

(2014年5月 2日の「石川鏡介のブログ」の記事を再編集)

 


にほんブログ村

石川鏡介さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス