四国霊場第八十三番札所の一宮寺から、第七十三番札所の出釈迦寺へ(過去のブログ記事より) | 石川鏡介の旅ブログ

石川鏡介の旅ブログ

古寺名刹、神社、城跡、名所旧跡。さまざまな旅の思い出を綴ります。


テーマ:

 

 

 平成二十六年(西暦二〇一四年)二月に四国へ行った時の話の続きです。

 朝いちばんに志度寺(第八十六番札所)へ行き、次に八栗寺(第八十五番札所)へ行き、さらに屋島寺(第八十四番札所)、一宮寺(第八十三番札所)へ行ったので、その次に根香寺(第八十二番札所)へ行くのがまともな順序だと考えたのですが、根香寺は山の上にあり、一宮寺からのアクセスも良くないのです。

 ずっと歩き通すつもりならばいいのですが、それは考えていませんでした。電車で行く場合は琴平電鉄の高松築港駅まで行き、JR四国の高松駅から鬼無駅まで行って山登りか。しかしそれならばわざわざ電車を使わずに歩き通した方が良い。では、JR高松駅付近から根香寺まではタクシーで行こうか。それともいっそ、琴電の一宮駅あたりからタクシーに乗ろうか、などと考えてみました。

 逆打ちで順番通りに根香寺へ行ったのでは、そこから先も時間がかかるので、日暮れまでにほんの数か寺しか行けないように思えました。第八十二番札所の根香寺から第八十一番札所の白峯寺まではかなり距離があります。歩きでは相当な時間がかかるのは当然で、タクシーならば相当なお金がかかります。

 それよりも、納経受付終了の午後五時までにもっとたくさんの札所を巡る方法があるのでは、と考えました。

 せっかく遠路はるばる四国へ来たのだから、一度にたくさん廻りたい、とも思うのです。

 そこで、琴電の一宮駅から琴電の琴平まで行き、琴平から善通寺市内の札所を中心に廻ってみることにしました。

 

 琴平電鉄の一宮・琴電琴平駅間は以前にも乗ったことがあります。平成九年(西暦一九九七年)の夏のことでした。その時のことを懐かしみながら琴平駅まで電車に揺られました。

 琴電琴平駅は終点で、JR琴平駅はすぐ近くですが、今回は時間の効率を優先して、琴電琴平駅前からタクシーに乗り、第七十三番札所の出釈迦寺まで行きました。

 南側の山には雪が残っていました。

(2014年4月30日の「石川鏡介のブログ」の記事を再編集)

 


にほんブログ村

石川鏡介さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス