石川鏡介の旅ブログ

古寺名刹、神社、城跡、名所旧跡。さまざまな旅の思い出を綴ります。


テーマ:

 四国霊場第七十五番札所・善通寺の伽藍は弘法大師が唐の青龍寺を模してつくったといわれています。

 初めて善通寺を訪れた時は東院の東側の「赤門」という門から入りました。今回の旅では西院の西側にある、香色山を望む広い駐車場の方から西院に入りました。

 西院約四ヘクタールという広さで、ここには大師堂である御影堂を中心さまざまな塔や建物があり、「いろは会館」という宿坊もあります。納経所も西院にあります。仁王門や勅使門もあります。勅使門はその名の通り、皇室関係でないと入れない門であり、勅使門というものがあること自体、朝廷・皇室にたいへん重んぜられた寺院であることを示しているわけです。まさに古寺名刹のなかの名刹です。

 東院は約三ヘクタールという広さで、その中心は金堂です。薬師如来はこちらにまつられています。金堂という名称そのものが奈良・平安朝の大寺院を連想させます。中身も建物もそれに相応しい風格・重みを感じさせます。

 五重塔もあります。江戸末期から明治にかけての再建だそうですが、それでもさすがに歴史の重みを感じさせる重厚な造りで、善通寺を象徴する建物です。やはり真言宗善通寺派総本山にふさわしい建物だ、という思いがします。

 

(2013年11月 9日の「石川鏡介のブログ」の記事を再編集)

 

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

石川鏡介さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。