石川鏡介の旅ブログ

古寺名刹、神社、城跡、名所旧跡。さまざまな旅の思い出を綴ります。


テーマ:

 

 
 

 私が参加した旅行会社「一歩進」さんの歩き遍路ツアーは、一泊二日で高知県室戸市椎名漁港から吉良川までを歩く行程(土曜日と日曜日に)で、キラメッセ室戸で昼食をとってからもう少し西へ進んで、吉良川大橋まで歩いて終了、そこからバスで香川県高松市へ帰る、ということになっていました。

 それで、一か月後にはまた続きを一泊二日で歩き、その続きをまたさらに一か月後に歩き、となるのです。これだと高松市周辺に住んでいて土曜日と日曜日が休みだという人にはちょうど良いのですが、私の場合、関東在住で、しかも仕事の関係で土曜日・日曜日の休みも連休もなかなか取れないものですから、毎回参加するわけにもいかず、ちょっと都合がよくないのです。

 室戸への歩き遍路ツアーに参加したこの時は、たまにしか取れない連休をとっておこうと、三連休をとったのでした。土曜・日曜・月曜の三連休でした。

 それで、あと一日休みがあり、ツアーの帰りのバスに乗らずに高知市方面に向かえば、まだまだ高知県内の札所を巡ることができると考え、ツアーの主催者さまとも相談し、キラメッセ室戸で昼食をとった後でツアーの人々と別れてバスで二十七番札所方面へと向かうことにしたのでした。

 キラメッセ室戸のすぐ近くにバス停がありました。昼食後にバス停へ行って時刻表を見ると、程なく高知市方面行きのバスが来るとのこと。で、ツアーに参加した人々に別れを告げて、記念写真を撮り、バス停でバスを待ちました。

 二十七番札所へ行くまでの距離は長く、バスの乗車時間も長くなります。東谷入口という所で降りてからさらに四キロ以上はある道のりです。しかも、その徒歩道の途中からは「真っ縦」と呼ばれる急斜面の険しい道があるのです。山の上の方にある札所で、四国霊場中でも屈指の難所です。

 実は前の晩のうちに二十八番札所近くの民宿に予約を入れていたので、疲労がどうのこうのという理由よりも時間の関係で、バスから降りて少し進んだ山の麓でタクシーを呼んでタクシーで行くとこにしました。

 タクシーを呼ぶときに目印とした場所は神社の鳥居のあるところでした。

(2013年1月10日の「石川鏡介のブログ」の記事を再編集)

 

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

石川鏡介さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。