石川鏡介の旅ブログ

古寺名刹、神社、城跡、名所旧跡。さまざまな旅の思い出を綴ります。


テーマ:

 

 四国八十八か所の第十七番札所は井戸寺といいます。正式には瑠璃山真福院井戸寺で、その名から分かるように井戸があるお寺なのです。

 境内に井戸があるお寺なんて、日本中何処にでもあるじゃないか、と思われるかもしれませんが、ここの井戸は特別なのです。

 昔、弘法大師が巡錫中にこの地に立ち寄り、十一面観音像を刻んだ。その時、付近の住民達が大師の徳を慕って集まってきた。住民たちは、この地の水が濁ってばかりで飲用に適さない、なんとかならないか、と訴えた。そこで大師が錫杖で地面を突いたところ、そこから清い水が湧き出た。

 この湧水が井戸となり、「面影の井戸」と呼ばれた。大師が水面に自分の姿を映して石に刻んだからだという。この井戸を覗いて自分の顔が映れば寿命が三年延びる、という伝説があり、参詣に訪れる人は必ずといっていいほど井戸に来て覗き込むということで、私も覗き込みました。

 お寺に訪れ、井戸の水を容器に入れて持ち帰る人も多いようです。ただ単に綺麗な水だからというだけでなく、大師ゆかりの霊水としてご利益にあずかりたい、と思っている人がたくさんいる、ということでしょう。

 一九九九年の八月、初めて訪れた時、境内にクルマで乗り付けた家族をみました。かなりのご高齢の老夫人を中心とした家族で、その体の弱そうな老婦人を息子らしい人が支えながらクルマから降り、井戸の方へ向かって行きました。なにかご利益がある、ということを信じて井戸へ来た、という様子でした。

 このお寺の本尊は七仏薬師如来といいます。霊水が湧いたり、寿命が延びるという言い伝えがあったり、いかにも薬師如来が本尊のお寺らしいです。

 井戸寺はもともと、妙照寺という名前だったといいます。天武天皇が白鳳二年(西暦六七四年)に勅願所として建てたもので、たいいへん大きな規模だったようです。大師の井戸の伝説によって「井戸寺」と改名されたわけです。ですから、弘法大師が開基だというお寺や国分寺のような聖武天皇勅願のお寺より古いのです。

 宗派は真言宗善通寺派で、所在地は徳島県徳島市国府町井戸字北屋敷八十の一。十六番札所の観音寺から北東へ、約三キロの場所にあります。

 十六番札所の観音寺の近くの、JR四国徳島線国府(こう)駅のすぐ近くで線路を越え、線路の北側に出ます。線路の北側は住宅もあるものの田園風景がひろがるのどかな場所で、それでいて道が狭くクルマがよく通る、歩き遍路にとっては注意が必要な道のりです。

 初めて訪れた時は真夏でしたから、炎天下の暑い盛りの道を汗だくになりながら歩きました。去年訪れた時は真冬で、冷たい風の吹く中を歩きました。真夏に訪れた時は歩き遍路二人と一緒でしたが、去年は一人で井戸寺に向かいました。

 なにもないようなただの田舎道を歩いていると、突然、大きく色鮮やかな仁王門が目につきます。この仁王門は江戸時代の阿波藩主・蜂須賀重喜の別邸から移築されたもので、なるほど、そういわれればいかにも大名の屋敷の門らしい力強い造りです。

 蜂須賀重喜という人物は秋田の佐竹家から養子に入った人物で、藩政改革に乗り出したが、志半ばで挫折し隠居させられた。それで隠居後におとなしく暮らすかと思いきや、よそものの婿養子で意気込んで行った藩政改革もつぶれた鬱憤によるのか、隠居後の生活の場である別邸で派手な暮らしをしてしまい、幕府に睨まれた。蜂須賀藩ではご隠居様を下屋敷に移し、別邸を取り壊してその門を井戸寺に移築したのだそうで、そういう阿波蜂須賀藩の歴史や改革の難しさを物語るものが四国霊場の札所に残されているのだから、おもしろいものです。

 「面影の井戸」は境内のほぼ中央部の、比較的小さな建物の中にあります。

 本堂に安置されているという本尊の七仏薬師如来像は、聖徳太子の作と伝えられています。また、弘法大師が自ら刻んだという十一面観音像はヒノキ材の一木造り、高さ一九二センチのもので国の重要文化財に指定されています。脇仏の日光菩薩・月光菩薩は徳島県の文化財に指定されています。

 弘法大師が井戸の水面にご自分の姿を映して刻んだ石像というものは、「日を限って祈願すれば必ず願い事が叶う」ということで「日限大師」といわれています。面影の井戸がある建物は日限大師堂と呼ばれ、面影の霊水と日限大師があることから井戸寺の象徴的存在となっています。

 井戸の伝説からすでに「霊場」らしい由来があるわけですが、境内全体に、いかにも「徳島県を代表する名刹」という雰囲気が漂っています。

(2012年6月17日の「石川鏡介のブログ」の記事を再編集)

 

 

 「にほんブログ村」人気ブログランキング参加中です。この「遍路・巡礼」バナーをポチッと軽く一日一回クリックしていただけると、非常に嬉しいです。  

   ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

石川鏡介さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。