石川鏡介の旅ブログ

古寺名刹、神社、城跡、名所旧跡。さまざまな旅の思い出を綴ります。


テーマ:

 

 四国八十八か所の第十五番札所は国分寺です。正式には薬王山金色院国分寺といいます。

 いうまでもなく国分寺は国分尼寺とともに聖武天皇の勅願により全国に建てられたお寺で、阿波とか讃岐とか、各国に建てられたのですから、四国には四か寺あります。阿波の国分寺・土佐の国分寺・伊予の国分寺・讃岐の国分寺、どれも四国八十八か所の札所になっています。

 阿波の国分寺の宗派は曹洞宗です。聖武天皇の時代に日本の曹洞宗はなかったので、当然、もともとの国分寺の宗派は別で、創建当初は法相宗だったそうです。弘法大師の時代に真言宗になり、のち、天正の兵火で灰燼に帰し、衰微してしまい、江戸時代の寛保元年(西暦一七四一年)に阿波藩郡奉行によって伽藍が再建され、その時に曹洞宗になったということです。

 一番札所からこの十五番札所まで、ほとんどが真言宗で、十一番札所の藤井寺だけが臨済宗でしたが、曹洞宗は初めてです。しかも、八十八か所通して、曹洞宗はここだけなのです。

 本尊は薬師如来、開基は聖武天皇、所在地は徳島県徳島市国府町矢野七一八の一。十四番札所の常楽寺から北へ、八百メートルほどの距離にあります。これは四国八十八か所のうちでも札所間の距離では屈指の短さです。

 一応、県庁所在地である徳島市のうちで、近くは住宅街ですが、とても静かな場所です。常楽寺からはほとんど迷う心配なく行けます。

 境内はそう広くはありませんが、創建当初は相当な広さだったらしく、その規模を示すものがあります。七重塔の心礎といわれる礎石が残っていて、当時をしのぶことができます。

(2012年6月15日の「石川鏡介のブログ」の記事を再編集)

 

 

 

  

  「にほんブログ村」人気ブログランキング参加中です。この「遍路・巡礼」バナーをポチッと軽く一日一回クリックしていただけると、非常に嬉しいです。  

   ↓

にほんブログ村 旅行ブログ 遍路(・巡礼)へ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

石川鏡介さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。