坂東三十三観音霊場第十八番札所・中禅寺(立木観音) | 石川鏡介の旅ブログ

石川鏡介の旅ブログ

古寺名刹、神社、城跡、名所旧跡。さまざまな旅の思い出を綴ります。


テーマ:

 坂東三十三観音霊場の第十八番札所は中禅寺です。山号を日光山といい、宗派は天台宗、本尊は千手観世音菩薩、所在地は栃木県日光市中禅寺歌ヶ浜二五七八番地です。

 開基は勝道(しょうどう)上人で、通称は立木観音です。勝道上人が桂の巨木を立木のまま刻んで千手観世音菩薩像をつくり、それを本尊としたために、「立木観音」といわれているのです。


 勝道上人は十七番札所の出流山満願寺とも関係の深い人物で日光を開山した人物ともいわれています。男体山山頂をきわめ、中禅寺湖を小舟で周遊しているときに千手観音を感得し、その像を刻んだのだそうです。






 

 

 

 

 

 

 

 当ブログの記事を無断転載しないで下さい。無断転載があれば強く抗議し、場合によっては無断転載を行った相手の名前やサイト(またはブログ)名を公表します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 



 

    「にほんブログ村」人気ブログランキング参加中です。この「遍路・巡礼」バナーをポチッと軽く一日一回クリックしていただけると大変うれしいです。


         ↓




にほんブログ村

石川鏡介さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス