「破れ奉行」

テーマ:
今まで見てきた時代劇の中で一番好きかもしれないのが「破れ奉行」。
主役の速水右近を演じる萬屋錦之介さんの細かい所作、殺陣が素晴らしい。
悪者退治の際の設定は荒唐無稽ではありますが、べらんめえ調のセリフと
共に、非常に爽快です。
AD

「8時だョ!全員集合」

テーマ:
放送されていた当時、リアルタイムでは観てなかったような気が。
(他に何か観てたかどうかも記憶にない...)
でも、これ全て生放送中の舞台で行われていると思うと、今考えても
すごいとしか言いようがないですね。
AD

「映像の世紀」コンサート

テーマ:

NHKスペシャルの名シリーズ「映像の世紀」。

映像というものが残されるようになってからの貴重な映像を

歴史の流れとともに綴った番組ですが、この音楽がとても

印象的。

これをオーケストラでのコンサートという形で、未公開

映像も含めて投射しながらすすみます。

音楽はもちろん素晴らしいですが、選択された映像が

とても印象的ありつつ、戦争やテロなど心に突き刺さる

ものもあって、いい番組でした。

特に今、ISのせいで、イスラム教徒の方々が肩身の狭い

状況にて、街中で無言で目隠しして、プラカードに

「私はイスラム教徒、信じてくれるなら抱きしめて」

と書かれていて、まわりの方々が次々と抱きしめて

いく映像は、他の人を受け入れる大切さをあらためて

感じさせるものでした。