3月のフードセラピー空間イベント『結氣膳や』を終えて | 『ほ・ほ~んの結氣膳日記』

『ほ・ほ~んの結氣膳日記』

『フード&ジュース・時空間セラピスト-結氣膳家』が主催するリピーター8割のイベント活動や日々の出来事などを綴っています♪ 宜しくお願い致します。

昨日は、北青山にある穴倉酒場のような隠れ家、カフェ・ラ・ボエム北青山で『丹(に)を呑む・・・ボヘミアン』をテーマに、商売運アップと、健康とアンチエイジング!!を手に入れるべく空間でお楽しみ頂きました。

 

 

 

 


 

 

鉄を金に帰る錬金術のように、東洋では”丹(硫化水銀からなる赤色の鉱物)”を不老不死の妙薬に変える錬丹の技術があります。

 

 

人は日常の生活を滞りなく過ごしているように見えても、その実不安や心配事などを常に心の奥底に抱えながら、まるで心、ボヘミアンのように漂流していると言えます。

 

 

3月12日は奈良東大寺のお水取りの日で、再生復活の儀が執り行われた日で、

おりしも、この日は望の月(満月)と重なることから月とも深く関わっていることから・・・

この、最強パワーの日に、『結氣膳や』で確かなる時間をお過ごし頂けたらという想いで皆様をお迎えしました。

 

 

私もチャンスの日として、新たな挑戦に挑み・・・

 

 

今回は、ビュッフェスタイルを初めて取り入れました。

 


 

”丹(生命力)のグラス”で乾杯~♪

 

 

 

セルフでお食事を取りに行くビュッフェスタイルは、日本人にはなかなか定着しておりませんので、最初は躊躇される方も少なくありませんでしたが、徐々に慣れて来ると、各テーブル同士での会話も和気藹々とした熱気に包まれました。

 

 

食べ過ぎを防げるから動けるからいいかもしれない、いつもと違うスタイルをたまに取り入れるのもいいかもしれないわね~。などと様々なご感想を頂きながら、和やかな時間が過ぎて行きました。

 

 

 

お料理は、出来立てを美味しくお召し上がり頂きたいというお店側のこだわりもあり、

最初から全部並べてお好きなものを選んで取ってくださいというスタイルではありませんでした。

 

 

 

時間と共に少しずつ慣れて頂けたようで、各テーブル毎の熱気も徐々に上がって参りました。

 

 

お皿を持ちながらぐるぐる回るのは、正直しんどいのですが・・・意外にはまります!

またこういうスタイルを取り入れる機会を持てたらいいな~なんて思っています。

 

 

その他の多数お料理の写真を撮りそこなってしまいご披露出来ないのが残念ですみません!

 

 

 

 

いつものゲームは、食材の味の組み合わせを当てて頂きました~イヒ

 

 

皆様たちにもお試ししていただきましたイヒ

 

結構受けますビックリマーク

 

 

 

 

この度は素敵なお店も教えて頂き、氣風天先生はじめ月氣波チームの皆様

お手伝い有難うございました。

 

 

 

 

今回も日本農産工業株式会社様からの応援を頂き、ヨード卵を使った手作りスイーツをお土産にお持ち帰り頂きました。

 

今回はボヘミア地方に因んだスロバキア地方のリンゴの焼き菓子と、アンチエイジングに欠かせない種実類たっぷりのブラウニー、そしてチェコではスパイスの一つとしても欠かせないポピシード(けしの実)のレモンクッキーを作りました。

 

 

*すべて国産小麦粉を使用して、レモンは愛媛県産です。

 

 

カフェ・ラ・ボエム北青山の太田店長さんはじめスタッフの皆様たち、ご無理なお願いして多々大変だったかと思いますが、気持ちよく最後までご対応頂き有難うございました^^

 

 

 

 この度はリピータの皆様方共に、1/3の新メンバーの方にお越し頂きました。

 

休日を返上してお出かけ頂き本当に有難うございました。

ご来会頂きました皆様の、”再生復活”に繋がりますように・・・ビックリマーク

 

 

 

この度お越し頂けなかった皆様方、次回は是非お待ちしておりますので、

また宜しくお願いいたしますニコ音譜

 

 

 

 

 

ユッキーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ