7月30日 阿蘇高森町立高森中央小学校の栄養教諭の先生

と3年生担任の先生のおふたりが納豆工場と豆腐工場の見学

に来社されました。

 

高森中央小学校3年生は「高森ふるさと学」(総合的な学習)

の時間、高森町に受け継がれてきた希少品種の『みさを大豆』

を20年近く育て、収穫した大豆を毎春 新3年生へ継承されて

おられます。

今回は秋に学習する国語の単元『すがたをかえる大豆』を前に

、教師自ら出向いて学習し、子供たちに伝えたいと真剣に聞いて

おられました。

 

先生は『本来なら子どもたちと工場を見学させていただきたいとこ

ろですが、遠距離のため叶いませんので、まず自ら学習を重ね、

その様子を子どもたちに伝えたい』と熱く思いを語ってくださいました。

 

大豆の生育とともに秋の学習が楽しみです。

 

 

【高森中央小学校のホームページ】にも記載されています。

↓        ↓       ↓       ↓

先生たちも「夏休みの自由研究」(工場見学編)