高森町立高森中央小学校100粒運動事前勉強会の巻 | 株式会社 丸美屋 パワーキッズのブログ

株式会社 丸美屋 パワーキッズのブログ

お城納豆、お城とうふの株式会社 丸美屋 キャラクター パワーキッズが
食育活動、工場見学を通しての活動告知やイベントなどを通して告知報告します。


テーマ:
6月15日(月)

今日は阿蘇、高森町立高森中央小学校へやってきました。
高森中央小学校は“幻の大豆”とされ、町が起源の
“みさお大豆”を毎年3年生が播種(植えること)を行って、
毎年 新3年生へ収穫したみさお大豆を継承しています。
今年で9年目。大豆100粒運動の先駆校です。

みさお大豆とは、1921年、高森在住の井上ミサヲさん
(故人)が自宅の畑で発見した在来種の大豆です。
一般の大豆と比べ、小粒で平べったく、甘めがあり、ビタ
ミン類も豊富とされています。


また、54年に県が名付け、県内外で栽培されましたたが
、現在はほとんど流通されていません。



そこでここ、高森が起源である“みさお大豆”を見つめなお
そうと丸美屋とJA阿蘇、若手農業者でつくる4Hクラブのメ
ンバーと共に8年前から栽培を行っています。

今日は残念なことに雨が降っていましたので、これからはじ
まる勉強の内容だけ3年生に説明をしました。


授業の最後には3年生から童謡“茶摘み”の合唱も披露して
頂きました。

またK校長先生、給食のN先生の計らいで3年生と一緒に
教室で給食を食すことができました。

今日の献立は大豆製品を使った給食献立で、この勉強のた
めに合わせて作ったということでした。
N先生、本当にありがとうございました


JA阿蘇、4Hクラブのメンバーも楽しい時間を過ごせたよう
です

大豆の播種はお天気と相談になりますが、できれば、みんな
と一緒に出来たらと思っています



最後に人の名前が付いた大豆はこの“みさお大豆”だけという
ことです。




パワーキッズさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス