至誠一貫!丸政建設 炭屋のブログ

至誠一貫!丸政建設 炭屋のブログ

「仕事を通して人様のお役に立つ!」を経営理念に掲げるアットホームな土木・建設会社です。年齢を問わず、人生回り道をした人達を支援する「丸政自立訓練学校」を手がけ、東北支援にも精力的に取り組んでいます。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

丸政建設の社訓は「至誠一貫」です。
日々、無事故無災害の実践を説いていますが、これも作業員1人づつの体力づくりや気概が大きく影響してくるものです。
建設・土木の現場において日々無事故で仕事をしているとしても、自分自身が安全を意識して無事故でいるのか何も意識せずに無事故なのかで、全く意味が違います。
自分自身で安全に対する決め事を作り、それを毎日毎日、誰に言われずともやり続けて無事故であるということが大事です。
例えば日々の挨拶、毎日の終了時の片づけ、一人KY(危険予防)……
自分でやると決め、3ヶ月、6ヶ月、1年、そこから3年、5年…やがて10年と続けること。

あなたは1年以上続けていることはありますか?
もしあれば、それが「至誠一貫」です。
自分がやり続けたことは自分を裏切りません。必ず結果が出ます。
昔の人はこれを「お天道様がみている」と言いました。欠かさずやりつづける一貫した姿勢は、必ず周りが、誰かが見ています。やり続けることは自分の力にもなり、周りからの援助も得られます。

最近は、会社の職長会で論語の話をするようにしています。
今回の至誠一貫に絡んでいえば、
「積善の家には必ず余慶有り、積不善の家には必ず余殃有り」
となるでしょう。
努力したことは必ず報われる。それも子孫に及ぶ。悪いことをした時の因果もまた同じである。よって自分自身が身を律し、良いことを続ける事が大切である。

実は、簡単なことこそ継続は難しいものです。
明日からやりましょう。

Ameba人気のブログ