2018年の西武ライオンズニコ

 

打線は秋山選手、浅村選手はもちろん

 

去年躍進した、源田選手、山川選手、外崎選手に

 

中村選手、栗山選手、メヒア選手とパリーグどころか日本の球団のなかでも

 

屈指の強力な打線になっていると思います。メラメラ

 

問題なのはやはり投手陣キョロキョロ

 

現状、先発で計算できるのは菊池投手くらいで

 

中継ぎ陣も去年活躍した牧田投手にシュリッター投手がぬけてしまい

 

ジャイアンツより高木投手の加入や新助っ人外人の加入はありましたが

 

なかなかにまだ不安定で計算も出来ない部分も多い状況です。ショボーン

 

そんななかで、個人的に期待したいのが

 

ドラ3の伊藤 翔投手

 

 

独立リーグの徳島インディゴソックスから指名された伊藤投手

 

高卒1年目ながらインディゴソックスではローテを1年間守り

 

ポストシーズン込みの成績だと
20登板で11勝 4敗 129三振 防1.80
WHIP 0.96 K/9 8.60 BB/9 1.47 K/BB 5.86 

という好成績を残しています。びっくり

 

ちなみに独立リーグから3巡目のドラフトは、中日の又吉克樹の2巡めに継ぐ高順位です。

 

 

 

最速152キロのストレートとあわせて

 

スライダーの評価が高く、三振をとれる決め球になっているみたいですね。

 

またフォーク、カーブ、ツーシームと球種も多彩

 

本人曰く目標は西口投手との事ですが、西口投手もスライダーの名手でしたので

 

きっと近づくことはできるでしょう!ニコニコ

 

ちょうどキャンプ中に誕生日を迎えましたがまだ19歳!

 

しかし独立リーグではあの、マニー・ラミレス選手と対戦したり

 

ポストシーズンのチャンピオンシップでは、2試合2完投勝利1に防御率0.50という成績でMVPも獲得と

 

若いながらに経験も豊富な所も強みですね。

 

契約時の会見などでは、西武首脳陣は育成に力をいれていくとの事でしたが

 

これは即戦力として期待をしてもいい逸材ではないでしょうか?

 

ひとまずは、起用されるとしたらビハインドでの中継ぎあたりという事になりそうですが

 

活躍が楽しみな選手ですね!爆笑