本郷給水所公苑

文京区本郷2-7

5/9満開から9日後、薔薇を見に来ました。

日本庭園とフランス式洋風庭園が、道路から階段で上がった高台にあります。

東京都水道局が管理する本郷給水所上部の人工地盤上に造成された公園です。

薔薇・薔薇・薔薇びっくり53品種、約300株

綺麗~赤薔薇

ちょっと遠目の方が綺麗

真ん中が、有名な・・・   

プリンセス ミチコ 

1966年にイギリス(北アイルランド)のディクソン社から当時日本の皇太子妃だった上皇后美智子さまに献呈されたそうだ。

アイスバーグ 1983年世界バラ会議で殿堂入りした白バラの名花

別名は、白雪姫ね

可愛らしいランブリングレクタービックリマーク

和風庭園も落ち着きます。キショウブの群生

子供たちが、楽しそうにザリガニを釣っていました。

癒やしの空間です。

犬の散歩は不可。

個人的には犬は大好きですが、いない公園というのも、ありなのかも。

神田上水石樋

 徳川家康が関東入国(入府)した天正18年(1590年)に際し、良質な飲料水を得るため、家臣大久保藤五郎忠行に命じて開削させた小石川上水がその起源。
 神田上水は、井の頭池の湧水を水源とする神田川に善福寺川、妙正寺川の水路を合わせ、目白台下の大洗堰に至り、水戸藩邸を通って神田川を懸樋で渡し、神田・日本橋方面の飲み水などに利用していた江戸時代から明治時代はじめの水道である。

 この石堰(石垣樋)は昭和62年(1987年)から平成元年(1989年)にかけて発掘された、神田上水幹線水路の一部を移築復元したもの。

石樋の内部寸法は、上幅150cm、下幅120cm、石垣の高さ120~150cmで、長さ約180cm、幅60cm、厚さ30cm前後の蓋石がのせられている。

ここから、東京都水道歴史館への道があったので、行ってみることにしました。

 

まん丸な日々