工務店さん光&電力の代理店になることお勧めします | マルハビ日記

マルハビ日記

マルチハビテーション・田舎暮らしなど移動しながら仕事をする会社員のお話。
都会暮らしを残しつつ、田舎にも生活の拠点を持つ‥‥。理想的な生活だと思います。
そんな双方生活の面白い??話 移動しているといろいろ考えてしまいます(笑)


テーマ:

三重の自宅の朝です。名古屋での仕事を終えて帰宅し、ゆっくり睡眠をしての朝です。

昨日で病気、手術から3ヶ月ですが、順調というか、非常に健康になってきています。

 

住宅2030年政策を考えるも少し終わりにしたいので、要点整理になってきている状況を少し書いておこうと思います。

 

2030年を考えると55万戸時代より、少ない着工戸数になる可能性は高い。これは人口減少だけでなく、住宅の長寿命化も大きく効いてくる時代に入る。それとさとり世代が一次取得時代になるとさらに注文住宅への発注は激減することが兆しから見えてくる。そうなると良質な土地と良質な住宅をセットで販売する分譲住宅が非常に重要になる。分譲住宅と言うと聞こえが悪いので、いろいろなメーカーがまちづくりという形のワードを使っているのはその兆しでもある。

 

兆しというのは、よく現れていて、大手ハウスメーカーもまちづくりとともに住宅コストダウン研究も非常に盛んであるし、エネルギーシェアなどの研究も盛んである。それがVPP技術であり、理論の先生はたくさんいろいろなこというのですが、実践できる人が少ないので、小生に仕事がくることは非常にありがたい限りであります。それで調子にのって酒とか食事をしないことが小生の健康のためである。昨日もこの手の打ち合わせであったのだが、木曜夕方の会食と金曜昼のワーキングランチもかなり豪華であったので夕方は食事を抜くのである。これができるようになったのは素晴らしい。

 

兆しから見えることは、住宅着工は減少していくのだが、国としてもそれを指をくわえてみている訳にいかないので効率的に着工を増やすまではいかないが、とどまらす、急激に落とさない工夫が必要となるし、ある程度スクラップビルドとコンパクトに集まって欲しいので、そのような税金投入方法が一番ということになる。

 

都市計画と住宅政策をリンクさせた政策にする昔でいう低炭素まちづくり計画であり、コンパクト&ネットワークのまちづくりとなるのである。そのように考えていくと、まず自治体毎に低炭素の行動計画は出ているので、これを着工とか住宅まで落とした行動計画を作らせ、その行動計画が出来た自治体毎にZEH+等の住宅補助金や減税のために活動資金などを入れていく方式が一番であるという結論になる。

 

従って現在やっている、住宅会社別に振り分ける補助金政策は、2020年までに終了させる必要がある。そのように考えるとやるべきことは見えてくるのである。

 

例えば、先端な住宅の補助金は残す必要はあるのでこれは国土交通省がやればいいことになる。行政別補助金は、環境省がカーボンマネジメントとかですでに非住宅公共施設ではやっている手法なので、それの住宅版補助金にしてZEHなどの内容を作っていけばいいのである。それと国土交通省のコンパクト&ネットワークの社会資本整備の国土系の内容をしっかり入れてしまえばいいのである。

 

さて一番困るのが経済産業省の補助金というのか政策はどうすればいいのかとの話になるのだが、経済産業省はあくまでエネルギーから住宅を見ていく、しかも単体のエネルギー基準とは政策は実は国土交通省の省エネ基準が元なので、単体の住宅補助はやめていくことが重要である。単体の設備の補助は彼らの行政なのでトップランナー基準でやっていくことが重要である。

 

従って経済産業省の補助金政策は、つながることが重要でつながるだけで補助を出すのでなく、簡単に言うと、分譲地で複数ハウスメーカー、工務店が連携して、ZEH+相当を建てて、再生可能エネルギーと連携させて自給率とかを上げた分譲地へ補助する形にする方向になるということである。

 

実際、経済産業省の他のコージェネとか面的活用はこの手の補助金が多いので住宅地のこの手を加速させる必要があるのである。こんなことを言うと大手しか出来ないとか文句を言う人たちがいるのだが、税金の効率的運用から考えるとこの方法が一番いいのである。

 

こんな方向になっていくだろうと思いながらレポートを仕上げていくのだが、本日、三重地方は晴れなのでいろいろやりたいことがある。午前中は少し買い物に行って、ゴミ捨てなどをして、午後から畑仕事になる。出来れば草津の家にも行きたいのだが・・・・・。

 

あまり無理はいけないので草津は、29日に工場にいくのでそこまでは行かないでおこう。

従って工務店さんは、ZEH+を建てられるように。それと行政と分譲地などのお話をしっかり出来るようにすること。そして本当に電力も含めた管理まで出来るようにすることが重要である。実は長野のコンサルしている住宅会社は、そのような行動をしている。何故かそこには再開発も起こるし、コンパクト&ネットワークも発生する。


IMG_2870.JPG

 

読んでいる工務店さんひそかに多いので、

電力会社と通信会社の代理店になることをお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ にほんブログ村

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村

 

 

人気ブログランキングへ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.