丸英建築のブログ

丸英建築のブログ

愛知県豊田市を拠点として、家族が健康で豊かな生活が出来る住宅造りを手がけています。丸英建築は、地元密着の姿勢で、地域の皆様に愛さる会社を目指しています。

■会社概要
 丸英建築 (まるえいけんちく)
 〒471-0053 愛知県豊田市丸根町5丁目1-6地図
 電話:0565-35-0852 FAX:0565-35-0852
 URL:http://www.marueikentiku.com/
 subURL:http://www.mirai.ne.jp/~maruei/
 営業時間:8:30~19:30
 定休日:日・祝


■見習い大工募集

★『仕事内容』
ベテラン大工と一緒に大工見習いとして大工の基本的な
仕事をしながら、経験を積んでいただきます。
将来的には在来木造住宅の木工工事全般を親方と一緒に
行います。

★『求める人物像』
「建設業(ものづくり)に興味がある」
「お客様の夢を形にする仕事をしたい。」
「誠実に人と向き合うこと。同僚や上司、社外の作業員の方
など、さまざまな人と連携し、業務を遂行する仕事です。
相手の意見を尊重しながらも、自分の意見をはっきり
述べる。正しいコミュケーション力が求められます。」

★『応募資格・条件』
既卒・第二新卒歓迎未経験OK学歴不問/未経験者OK
未経験者の方は職務経験不問/トライアル雇用期間3ヶ月有り

『必要な免許』
普通自動車免許(AT可)

『年齢条件等』
35歳以下
勤務時間 8:30 ~ 18:00/1日実働 7.5時間
休憩120分(昼食1時間、午後・午前30分)
10月1日から水害被害の大きかった人吉市へ応急仮設住宅建設に携わっています。

現場まで市内を走ると足場のかかっている所や入口にベニヤ板が貼られている所がいくつも見られました。

Yahooで調べると1階が水没しているのがほとんどで被害の大きさがわかります。

住む場所を奪われた方のため人吉市の復興のため応急仮設住宅頑張って作っています。




熊本県人吉市へ応急仮設住宅建設に参加しています。

大勢の大工さんが復興に向けて頑張っています。
熊本地震から4年が経ち近年九州で災害が多発し、避難を余儀なくされた方、家が倒壊し住む所を失ったかたのために仮設住宅が建てられました。

今回丸英建築は10月の間、応急仮設住宅建設に向けて熊本県に向かうことになりました。





下地をしっかり作り、桧の板を貼り直しました
自然塗料のいろはを使用

仮設足場の網の溶接が取れ始めてきたので、慣れない溶接勉強していきます。

山車で使っていた綱が古くなって新しくすることになり、以前使っていたものを引き取ってまいりましたが…タイトル通り使い道が決まらず放置状態です。

どなたか欲しい方ご連絡待っています🙇

ポリカーボネートを張って雨樋をつけて手すりもつけて完了!(手すりの写真忘れてました…)
振り返れば雨雲が…

今週は不安定な天気ですね。
アパートの雨漏り修理依頼です。
瓦がいたるところ割れて雨が侵入し、劣化が早まりルーフィングが破れていました。
以前に部分補修の跡が
めくると穴が…
腐った合板を剥がし
新しく合板を張ってルーフィングを敷き直しました。