ゆっくりしに来ませんか?

 

 

お気に入りの本を片手に、珈琲でもいかがでしょう。

本を開かず、何もしない時間を過ごすのもよいでしょう。


時には、そんな時間も 大切です。

ただ、ボーッと、縁側から外を眺めるという過ごし方も 贅沢です。

 

 

 

 

里山の古民家「えんじゅ庵」にて。

 

ゆったり流れる時間の中で、お気に入り時間を過ごしていきませんか?

 

 

 


つくばの市街地から少し外れ、山の中をトンネルでくぐった後にさらに歩みを進めると、そこにはまだ、茅葺屋根の家の姿を残す地域があります。


旧八郷地区。


そしてこの10月から、月に数回、

この地区の古民家「えんじゅ庵」にてBook Cafeがオープンします。

 



初日の10月20日。

私も、覗きに行ってみました。

 


 

入り口をくぐると、まるでバーカウンターのような空間。

静かに音楽が流れます。


 

 

柳行李(やなぎごおり)という柳や竹、籐で編んだかごに並べられた古本たち。
心躍ります。

 

赤色ラベルは 持ち出し(禁)。

黄色ラベルは 貸し出し(可)。
緑色ラベルは お持ち帰り(可)。
 

学生時代、図書委員だった頃を思い出しました。

 

 

 

縁側席の本棚には、漫画も。
管理人さんおすすめの 3月のライオン が気になりましたが、

どなたか1巻から読書中のよう。

 

 

 

どなたかの読みかけの本でしょうか。

 

 

 

そして、今日の私のチョイスはこちら。

 

 

 

お隣の方とたまにお喋りしたりなんかして、

ゆったり、ゆっくり。

時間が流れていく。

 

 

 

時々ウロウロしたり。

 

 

 

縁側に座り、ぼんやり外の景色を眺めていると、
鳥の声が聴こえてきました。


そして、ふと、日が落ち始めたことに気づく。
あぁ、もう夕暮れが近づいているようです。

 

 

さて、今日はこれにてお終い。
片付けて帰ろうか、という時、お茶の先生がいらして、

大変美味しいお抹茶を点てて下さった。
季節のお菓子も可愛らしい。

 

 

 

次の日はちょっぴり早起きして、
自宅の縁側でちゃっかり、昨日お持ち帰りした本を読む。

なんて贅沢時間。


 

。*******。

次回の Book Cafe えんじゅ のオープンは、
10月29日(土)10:00 〜 16:00 
Facebookページ もどうぞご覧ください。

。*******。

読書の秋。
 

古民家でゆったり、のんびり。
ここ八郷で、豊かなひと時をご一緒にいかがでしょう?


 

古道へ

テーマ:

少し前になりますが、主人と二人、
菖蒲薬師古道を歩きました。(リンクは石岡市公式ホームページより引用)




我が家の裏山の道に入り、
登り進めれば進めるほど、どんどん自分を包む音が変わってゆきます。

登りはじめ、聞こえるのは、チェーンソウや農業用の重機の、車の音など、
いわゆる人間の発する音。

里の音。





しかし、
段々に登っていくと、次第に人間の音にまみれて聞こえなかったような、

自然の音が鮮明に聞こえてきました。


葉同士がこすれる音
鳥の鳴き声
風で木が軋む音



自分と自然との間を隔てているものは、そこにはない。
心地よい安心感に包まれました。






音だけではありません。

まぶたに当たる、太陽の暖かさ、
血管の透ける色、
やさしい風がそっと顔の産毛をなでていく感触。

土を踏みしめた時に少し沈み込む感覚を足に受けながら、
自分の呼吸の音が聞こえてきました。

地図を持って前を歩く主人と、重なったり、ずれたりする足音のリズム感。




普段恐らく知覚はしているのだろうけれど、感じていなかった、
様々な感覚がくすぐられる。


この日は少し肌寒い気温でしたが、
不思議と木と葉と土に包まれた古道はとても暖かかった。





水の神様の「龍神様」にご挨拶を済ませ、
途中道に迷いながらも、さらに奥へ奥へと進んでゆきます。




すると、薬師堂への案内板が見えてきました。





桜の花びらの絨毯を踏みしめ、弁天池の横を通り、いざ薬師堂へ。







たどり着いたお堂の中には、「阿・吽」の口をした不動明王の姿。
この地の平安を、その鋭い眼光で照らしてきたのだろうか。

何度も天災に見舞われながらも、この地の住民の手によって守られてきたこの場所は、清々しい暖かさに包まれていた。

また、帰って来よう。

自分の感覚を忘れた時、
リセットしに。

また歩いて来よう。



【 二の足を踏む 】


「二の足」とは、二歩目を意味する。一歩目を踏み出し、二歩目を思い悩んで踏み出すことから、物事を進めるのに思い切って出来ないことの喩えを表すようになった。
                 (Web:故事ことわざ辞典より引用)






戦前から戦後の動乱を駆け抜けて来た祖父も、
いよいよ90歳を迎えようとする頃には、足元のふらつきが隠せなくなっていった。

ヘルパーさんや、担当医、理学療法士が杖を進めるも本人は、拒否。

とりあえず使ってみたら?と家族が福祉用具店で買ってきた杖も、
「デザインが美しくない」とまた断固拒否。




「転んだら危ないでしょう?」と家族が説得も試みるも、
「転んだら転んだでそん時考えるからいいっ!」と取りつく島もなし。

「でもね、転んだらそのまま寝たきりよ」と言うと、
「じゃあ寝たきりでいい!生きながらにして天国じゃあないか」とまぁ、
ああ言えばこう言う、の繰り返しで、埒が明かない。

「いつまでも元気で歩いていられる方がいいでしょう?」なんて言うと、
「棺桶まで歩いて行く体力だけは残しておかんとなぁ」と、暖簾に腕押し状態。



終いには、
「これだけ頭がしっかりしていれば当面大丈夫でしょう」と、
担当医から苦笑いをされる始末。




しかし、その後、家族は驚愕の光景を目にすることとなる。




なんと、あんなに杖を拒否していた祖父が、杖が持って歩いているではありませんか…!



一人での外出は控えるようにと言われていた祖父だが、
家族の目を盗んでこっそり家から抜け出したらしい。

近所のスーパーで大好きな鱈を購入したらしく、スーパーの袋を腕に下げて上機嫌である。


「ちゃんと杖をついて行ったのだからいいだろう」

それが祖父の言い分である。






だが、祖父のその手にしているのは、家族の買ってきた杖とは明らかに違った。

仙人が持っているような持ち手が丸くツルツルした上質な木でできた、なんだか雅な杖。



「いい木があったからよ、引っこ抜いて来た」とにやり、笑みを浮かべた。



どうやら、家の近くの空き地に生息していた小さな木から、
お気に入りの一つを引っこ抜いてきて、自分で作ったらしい。




自分の背丈に合わせて何度も高さを調整し、
表面はヤスリで磨く。
さらに、上からぐっと押した時に手のひらにしっくり来る断面に整え、
先っぽには滑り止めのゴムまで付いていた。



担当の理学療法士もビックリである。




本人は、手塩にかけて作った “世界に一つだけの杖” を片手にご満悦。

一方家族のもの達は、
一体あのふらついた足でどうやって木なんて引っこ抜いて来たのかと、
身体の血の気が引く想いがしながらも、

祖父の生きることへの意欲作とも受け取れる杖の出来栄えに、
少し安堵の表情を浮かべていた。





「いいだろ?これ」



そう言って自慢げに杖を見せてくれながらも、



 「二の足踏んでいるんだったら三の足をつくるが宜し」


と、お得意のじぃじ語録を続ける。



どこまでもマイペースな祖父にその人らしさを感じる同時に、
こうも思った。


祖父は、本当はすべて、分かっていたのだ、と。


自分が老いて行く、ということ。
いつか、家族の世話になる日が来る、ということ。

そして、いつか自分が死ぬ日が来る、ということも。


すべて分かっていたのだ。





「さてと、棺桶に片足突っ込んでたけども、もうちょっと頑張るかや」

そう言って、棺桶に突っ込みかけていた足と、
新入りの三の足と共に、また鱈を求めて歩いて行った。


そんな、祖父の生き様が、私は大好きでした。









八十八夜

テーマ:


夏も近づく 八十八夜






野にも山にも 若葉が茂る






あれに見えるは 茶摘みじゃないか




あかねだすきに 菅(すげ)の笠



















日和つづきの今日此の頃を






心のどかに摘みつつ歌ふ






摘めよ摘め摘め






摘まねばならぬ










摘まにや日本の茶にならぬ







5月1日。

立春から八十八日目にあたる、八十八夜




桜のピンクと菜の花の黄色の時期が終わる。




春の土用がようやく終わりを告げ、

田んぼは水で潤い、新緑の緑と高い空の青に覆われる。



農家さんは休み無く大忙し。




あかねだすきと菅の笠の、茶娘ではないが、

私達もお茶の新芽を戴き、健やかに過ごせる事を祈りました。





トンネルを抜けると

テーマ:

小町の里を抜け、山の懐を通る長いトンネルを抜けると







私達が暮らす里が姿を現す。

時間の流れが変わる。








トンネルから続く、フルーツラインという道を背にし、
私たちの暮らす集落を臨めば、



視界にはマンションもコンビニも入り込まず、
田畑の色々が、ただただ、

柔らかなスカートの如く、なだらかな山の裾まで、広がってゆくだけ。






足元のアスファルトも、電線もない景観を想像しては、

古の、この里山の姿に、想いを馳せている。




恋しい里山の春の姿。

少し前の写真なので、
桜の淡いピンクと菜の花のさす様な黄色の共演が楽しめる。



「お先に」



まだまだ背を伸ばし咲き続ける菜の花に、
そう、桜の花が告げているかの様。



待ち遠しかった春も、いざ迎えてみるとあっという間に、
次の季節めがけて駈けていく。