超・雑記(ZAKKI)|茂野太陽の包括的ビジネスノート

【超・雑記(ZAKKI)】気になったテーマをひたすら考え、アウトプットする中で、新しい種がまた一つみつかり、新たなテーマへと突き進む。私の興味の赴くままに、言葉は、一つの生態系へと進化する。


テーマ:

太陽です。お疲れ様です。


捨てるものをはっきりさせ、まずどこから手を

つけていくのかを決めないといけません。


自分にとっての要らないものを明確にするわけです。

では、要らないものの定義とは何でしょう。


要らないものとは、自分の生活に発生する障害物であり、

より大切なことから自分を遠ざけてしまうものです。


そして、整理されていても、不要品は不要品という認識も

忘れてはいけません。


不要品とは、必ずしもごみが散らかっている様子を表す

わけではないのです。


不要品もきちんと整理されていると、気づきにくいものですが、

不要品には違いないわけです。


また、必要なものを定義したら、何となるでしょう。

これはある有名デザイナーの言葉が分かりやすいようです。


有益、あるいは美しいと思われないモノは何も家に置くな。」です。


ただ、この言葉の注意するところは、有益、美しいモノでも、余分に

ありすぎたり、価値を損なうような保管のされ方をしていたなら、

それは不要品になるということです。



参考にした本:


いつか片づけようと思いながらなかなかできないあなたへ
ハリエット シェクター
PHP研究所
売り上げランキング: 100289
おすすめ度の平均: 4.5
5 人間の性(サガ)
5 今日からそうします。
4 こ、この本は!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

太陽です。お疲れ様です。


睡眠中に記憶の整理がされているというのを

良く耳にしますね。


起きている間中、私たちの脳は膨大な情報を

集め続けています。その間、整理する余裕など

ないので、とりあえずの箱に放り込んでおくわけです。


そして、夜休む際に、このとりあえずの箱が開けられるのです。


脳が集めた情報のうち、覚えておかなくてはいけないことは、

「仕事」「楽しい思い出」「やるべきこと」などの

引き出しに収納され、忘れてしまっていいことは捨てられます。


たとえば、許せないと思っていた友人の言動を、

翌朝になったら許す気持ちになれたり、とても

大変だと感じていた新しい仕事を挑戦する価値が

あるかもと思い直せたりってことありますね。


これは、衝撃や不快な気持ちの記憶が、睡眠中の

記憶の整理の中で薄れたお陰なのです。



参考にした本:


「幸せな女」になれる眠り方―心も体も気持ちよく生きる (PHP文庫)
衿野 未矢 木村 昌由美
PHP研究所
売り上げランキング: 490387
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

太陽です。お疲れ様です。


一般に、長い時間社内にいると、昼食時くらいは、

気分転換に外に出て食事をしたいと思うものです。


昼食時間も、社外に一歩も出ないというのは、

よほど仕事熱心な人ですね。


では、そのような人が有能なビジネスマンかというと、

そうでもないのです。


昼も外に出られないというのは、仕事の能率が悪く、

テキパキと片付けられないということもいえるわけです。


いつもデスクにしがみついて、一生懸命やっているようで、

その割にはたいして仕事がはかどっていない、あの人は

いったい何をしているのだろうというタイプですね。


そういう人は大体、社員食堂で食べているようです。

たとえ混んでいたとしても、お昼ぐらいは外に出たい

というのが普通のビジネスマンの気持ちですね。



参考にした本:


外見だけで人を判断する技術―顔、服装、しぐさで見抜く (PHP文庫)
渋谷 昌三
PHP研究所
売り上げランキング: 348451
おすすめ度の平均: 1.5
1 お粗末で表層的な心理学モドキ
2 技術?
1 ・・・
2 うーん?
1 すごい偏見!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

太陽です。お疲れ様です。


部屋を片付けることは人生の基本であるといったら、

大げさでしょうか。


もちろん、片付けが苦手でもすばらしい人はたくさんいます。


人格ときれい好きに直接的な関係はありません。


でも、部屋の片付けもできないで、どうして人生の様々な

問題を片付けていけるかとも思うわけです。


確かに片付け上手だからといって、人間の苦悩や困難が理解でき、

人を愛せると言っているではないのです。


言いたいのは、部屋の片付けは

ひとつの出発点になりうるということです。


自分なりの考え、方法で、諸問題を整理、理解し、調和させるという、

基本的な人生のあり方が、部屋の片付けに集約されているわけです。



参考にした本:


純愛力―部屋を片づければ人から愛される
深谷 ミエ
文芸社
売り上げランキング: 1159066
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

太陽です。お疲れ様です。


収納のコツをいくつかご紹介します。


①収納は最初に頭の中で、どうして片付けられないのか、

 どうしたら使いやすいかなど、考えてから始めましょう。


②収納作業は、まず今あるモノを全て出すことからです。

 間違っても最初に収納グッズを買うようなことはしないでください。


③収納は要不要、使用頻度などの基準でまずは分ける作業からです。


④一度に広範囲の片付けは難しいものです。

 まず範囲と時間を決めて、片付けましょう。


⑤モノは使われてこそ、意味があるのです。

 新品だからとしまい込んでいることこそ、もったいないのです。


⑥家の中の空間は想像以上にコストがかかっているのです。

 いかに有効利用するかを考えなくてはいけません。


⑦収納とインテリアは区別すべきです。

 デザインを優先させると、収納としての機能性が落ちてしまうからです。


⑧収納グッズに頼ってはいけません。

 分ける作業ができて初めて収納グッズが使えるのです。


⑨自分の性格を知って、上手に収納しましょう。


⑩失敗を繰り返すことで、収納上手になっていくのです。


その中で自分に合った収納方法を探しましょう。


以上です。



参考にした本:


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。