<振り返り記事です>

いよいよ、オペ日がやってきました。
9時スタートで、確実に間に合うようにオペ室へ向かうため8:45位には病棟出発と聞いていたので7時半頃病院へ。

なんなんはお腹が空いているので、ちょっと元気ないかなショボーン
オペのことなんなんには説明していなかったけれど、何かを感じているのか不安気な様子でした。

ベッドごとオペ室へ行きますが、抱っこでも良いと言うので、ベッドに荷物を置いて私と夫で抱っこ交代しながら行きました。
手術はハダカで行うため普通の服のままですTシャツ

オペ室のある4階に着くとベッド渋滞がアセアセ
一人ずつ入って行きます。
付添いはここまでなのでなんなんとバイバイして、隣にある待合室に。

オペ中は必ず一人は待合室に残るように言われます。(落ち着かないからずっと待合室にいましたが)
結構人がいて、こんなにいるのかーびっくりと思いましたが、1〜2時間で呼ばれる人が殆どで。帝王切開の人もいるので、その方たちはすぐですし照れ
あっという間に一番長時間いる夫婦になりましたガーン

手術は大体5時間ぐらいで15時には終わっている予定と言われていましたが、医師がなかなか現れませんショボーン途中経過を伝えに来る人もいないから心配は募るばかり…。
ただ、緊急事態の場合は呼びに来るだろうから大丈夫なんだ!と言い聞かせていました。

15時半頃医師が来て、説明を受けました。

開腹し造影したところ胆道閉鎖症と確定したのでそのまま葛西手術に入り、基本的には手術は問題なく終了。出血も想定の範囲内。構造の問題で傷はやや大きく18cm切りました。自発呼吸は順調で人工呼吸器をすぐ外せたので、間も無くPICUへ移れる予定です。
という内容でした。

まずは、良かった!!!!

お昼頃から来てくれていた義母はここで帰り、私たちは再び待合室に。今か今かと待ちますが、呼びに来ない〜えーんそうこうしているうちに実父到着。16時半を過ぎ、PICUは日中の面会時間が11〜16時半なので、こりゃ次の面会時間19〜0時半まで会えないゲッソリという状況にガーン
(と事前に説明されていた)

仕方ないのでこの間に夕食を食べてしまおうと私と実父が先に行くことにしてお店についてオーダーした瞬間、夫から連絡スマホ
今から入って良いと言われた!と。

えーおーっ!おーっ!
もう!!ムキーッ

どちらにせよICUは同時に2名までしか面会者入れないため、夫に先にお願いして私たちは食べ終えてから行くことにしょんぼり

30分後なんなんと対面。
ハダカにオムツに拘束服、たくさんの管…
顔も体もすごい浮腫み…
なんなんは静かに寝ています。

涙。

それでも状態は安定していますよと言われ安心。その後も寝ていて、PICUは看護師がしっかり看てくれる感じだったので19時半頃には病院を出ました。

なんなんは4人部屋にいましたが、PICUは本当にドラマの世界のようでした。
覚悟していたとはいえ、衝撃が強くて写真撮れなかった位。
なんなんが分かるようにになったらこの日のこと話してあげたいと思っています。