ステージ ~螺旋階段~ | 大丈夫! 心と体に正直に! 心地良く生きよう♪

大丈夫! 心と体に正直に! 心地良く生きよう♪

東京・千葉で気功整体師と武術の先生をしてる
護身術マスターです

「力のいらない護身術」「古武術を使った快適生活」
の講座を、セミナーやカルチャー教室にて開催中!

個人・団体向けのレッスンも、全国出張いたします☆


テーマ:

武術の技は、初心者の頃に単純な基本技を正確に覚え、
初級者になると、応用技などの多くの技を身につけていきます。


中級者になると、他流派の技も研究する人が増えてきます。
自分にとっての技を取捨選択する時期でもあります。


上級者になると、年齢的に使える技も制限されますから、
物理、生理、心理を含む多角的なスキルとなっていきます。
 
達人ともなると、技そのものが動きから見えなくなります。
もう、身体中に落とし込み、武術の体(たい)となります。



これは、分かる人に分かってもらえればいいです。
自分は、今これを目指しています。(^^;)


技は、何度も初心に帰り立ち返り稽古していきます。
初心に帰るといっても、1に還る訳ではありません。


技術もテクニックからスキルへ進化していきますから、
何度も初心に帰っても、前回とは高い位置に意識はあります。


今現在の立ち居地は、螺旋階段の途中であると思います。



大丈夫! 心と体に正直に! 心地良く生きよう♪


例えば、遠くに富士山が見えるとします。


富士山は、螺旋階段の どのステップの人でも見る事ができます。
だから、お互いに話題にする事はできます。


「富士山って、大きいんだねぇ!」なんてね。



でも、上方と下方とでは、見え方が違います。


上方では「富士山の周りの、5つの湖がステキだね♪」 
下方では「何言ってんの? 夢でも見てるんじゃあないの!」


上方になればなるだけ雲の上に出ますから、いつも晴れています。

下方では、「今日は曇っていて見えない!」
「いや本当は、富士山って無いのかも…」


ステージが低ければ、もっと酷いですよ。
「なんだか、地面に落ちているゴミとか多くね!」


そんなものばかりが気になります。目に付きます。
なので、高いステージを志し、目を向けるべきなのです。




自分が高いステージへ登りつめるに、一番大切なことは、
他の流派や門派であっても、武術関係の人でなくとも
高いステージの人に会いに行く事です。


名人(有名)でなくとも、ステージの高い達人は居ます。


そして、その人がどうやって困難を解決してきたか、
どうやってステップアップして、そのステージを手に入れたか、
を 知る事です。


それこそが『開花の秘密を掴む』という事。




人をダイヤモンドに例える話もあります。


最も硬いといわれる鉱石、ダイヤモンド。


このダイヤモンドを削り、磨き、輝かせるのは、
やはりダイヤモンドの粒子なのだそうです。


ダイヤモンドはダイヤモンドで磨かれ、
人は人によって磨かれるのです。

護身術masterさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス